ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「明日はどんなチャンスも見逃さず」

2017年06月25日(日)3:04 am

マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンが、バクー・シティ・サーキットで行われた2017年F1第8戦アゼルバイジャンGP2日目を終えて次のようにコメントした。

●【予選結果】F1アゼルバイジャンGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数

■ストフェル・バンドーン
フリー3/16番手 1:45.143
予選/19番手 1:45.030(PU交換数の累積で35グリッド降格、フェルナンド・アロンソの直前19番手からスタート)

「今週末はどうせ19番手スタートだと思っていたら、案の定だ!」

「今日の予選は、特に大きなサプライズもなかった。もともと今回のレースは決勝に集中するつもりだったし、今日の結果に一喜一憂しても意味がない。このサーキットで少しばかり苦戦するのは最初から分かっていたが、思ったとおり今週末ここまで波に乗れていない。明日はどうかな」

「難しいサーキットだよ。直線が長いので、ブレーキとタイヤが冷えてしまう。ブレーキングゾーンが実に難関なんだ。ただし、チャンスはどこに転がっているか分からない。どのセッションでもコースオフが見られた。そこにつけ込むチャンスがありそうだ」

●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「戦闘力は足らない。まずは完走だ」
●【マクラーレン・ホンダ】「明日はすべてを投じて戦う」
●【ホンダF1】「チャンスに乗じてポイントを」

■予選
●【予選結果】F1アゼルバイジャンGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数
●【予選レポート】セナを超えた!ハミルトンが歴代ポール獲得単独2位に浮上/F1アゼルバイジャンGP
●【予選Q1速報】マクラーレン・ホンダ、2台とも予選Q1落ち/F1アゼルバイジャンGP予選
●【予選ハイライト映像】ハミルトン、フェラーリに1秒差
●【車載映像:予選】ハミルトン、セナを超える66回目のポールポジションラップ

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック