バーニー、マクラーレンを批判

【マクラーレン・ホンダ】「明日はすべてを投じて戦う」

2017年06月25日(日)3:00 am

マクラーレン・ホンダのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエが、バクー・シティ・サーキットで行われた2017年F1第8戦アゼルバイジャンGP2日目を終えて次のようにコメントした。

●【予選結果】F1アゼルバイジャンGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数

■エリック・ブーリエ(マクラーレン・ホンダ/レーシング・ディレクター)

「この予選結果は何なんだ。両ドライバーとも今週末に受けたエンジンのペナルティで最後方に行かされるのは覚悟していたが、まさか、走ってもビリなんて」

「もともと決勝に向けてマシンを仕上げることに集中してきた。皆さんのために予選で良い走りをお見せしたかったのは山々だが、あくまで決勝に重点を置くべきと思ったのだ」

「今週末ここまで、あらゆるセッションでドライバーによるミスをはじめとするいろいろな出来ごとが発生した。明日はあらゆるチャンスに乗じて順位を上げるつもりだ。戦う気持ちは、まだ持っている。持てるすべてを投じてレースをするのだ」

●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「戦闘力は足らない。まずは完走だ」
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「明日はどんなチャンスも見逃さず」
●【ホンダF1】「チャンスに乗じてポイントを」

■予選
●【予選結果】F1アゼルバイジャンGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数
●【予選レポート】セナを超えた!ハミルトンが歴代ポール獲得単独2位に浮上/F1アゼルバイジャンGP
●【予選Q1速報】マクラーレン・ホンダ、2台とも予選Q1落ち/F1アゼルバイジャンGP予選
●【予選ハイライト映像】ハミルトン、フェラーリに1秒差
●【車載映像:予選】ハミルトン、セナを超える66回目のポールポジションラップ

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック