ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】アロンソのトラブルは、パワーユニットの不具合で油圧低下

2017年06月12日(月)11:54 am

マクラーレン・ホンダは、F1カナダGP決勝レースを次のように振り返った。

●【予選結果】F1カナダGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数

カナダGPが行われた本日は、マクラーレン・ホンダにとって難しい一日となった。フェルナンド・アロンソもストフェル・バンドーンも1周目の混乱をうまく避け、幸いにも、アロンソはマシン3台によるアクシデントに巻き込まれずに済んだ。バンドーンは力強いスタートを切り、アクシデントの混乱の間に順位を上げ、1周目の最後には11番手に浮上していた。

両ドライバーは最初のスティントを長めにとった1ストップ戦略を選択し、すぐに集団の中の各ポジションに落ち着いた。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がリタイアしたあとにバーチャルセーフティカー(VSC)が出され、バンドーンはVSCが終了する前にケビン・マグヌッセン(ハース)にオーバーテイクされた。これによりマグヌッセンには後にペナルティーが科せられたものの、ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットのパワーを必要とすることで有名なストレートで、バンドーンは後続集団に対して苦しい戦いを強いられた。

バンドーンは3周走行するうちに4つのポジションを失い、反撃するパワーがないまま、ピットストップを実施。その後は、残りのレースの大半を15番手で走行した。そして、70周のレースの67周目で、14番手のポジションとなった。

そのポジションアップはアロンソのリタイアによるものだった。アロンソは今季初めてポイント圏内(10位)を走行していたが、レース終了まで残り3周の時点でリタイアと言う残念な結果となった。アロンソは67周目でパワーユニット(PU)の不具合により油圧を失い、レースをリタイアせざるを得なかった。

●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「今日失ったのは2レース分だ」次戦でペナルティか
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ、イラつく「エンジンが壊れた。コーナーは速いけど直線で全員に抜かれる」
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「直線が遅い、燃費が悪い・・・戦うにはトリックが必要だ」
●【マクラーレン・ホンダ】ブーリエ「初入賞逃し言葉が見つからない・・・今の状態は不十分」
●【ホンダF1】「本当に悔しい。スピード差も大きく、信頼性も必要」

●【マクラーレン・ホンダ】9月までに勝てればチームに残るというアロンソ、加入を歓迎するヒュルケンベルグ
●【マクラーレン・ホンダ】決別まであと1レースか?

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック