ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ベッテル「最後に欲張り過ぎてポールを逃した」

2017年05月28日(日)10:45 am

フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、モンテカルロ市街地サーキットで行われた2017年F1第6戦モナコGP予選を終えて次のようにコメントした。

●【予選タイム結果・写真】2017年F1第6戦モナコGP予選、Q1-Q2-Q3タイム、周回数

■セバスチャン・ベッテル
フリー3/トップ 1:12.395
予選/2番手 1:12.221

「満足できてはいないよ。ポールポジションはほぼ手中にあったんだからね。だけど、チームにとっては素晴らしい結果だ。もし誰かにポールポジションを譲らなければならなかったとしたら、僕はキミ(ライコネン)を選んでいただろうからね。彼のことはうれしく思うよ。彼は予選ですごくいい仕事をしたね」

「さっきも言ったように、チームにとっては素晴らしい週末になっている。だけど僕は自分の今日のパフォーマンスには完全には満足できていないよ。全体的にもっといい仕事をしなくてはならなかったね。クルマはよかったんだ。だから僕のミスだよ。最後の走行で少しばかり欲張り過ぎていたんだ」

「明日どうなるかを予想するのは不可能だよ。まずはスタートやペース、戦略のことを考えなくてはならない。そしてすべてをうまくまとめあげないとね。いつものように、レースに向けての準備をしていくことになるよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック