ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【WRC結果表】トヨタ、ヤリスWRC3台がポイント獲得/第6戦ラリー・ポルトガル デイ4

2017年05月22日(月)4:06 am

5月21日(日)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦 ラリー・ポルトガルの競技最終日デイ4がポルトガル北部で行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC#11号車)が総合7位で、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)が総合9位で、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC#12号車) が総合10位でフィニッシュ。初の3台体制で臨んだラリーで、幾多の困難を乗り越え全車が完走を果たした。

ラリー・ポルトガルの競技4日目デイ4は、サービスパークが置かれるマトジニョスの北~東北エリアで4本、計42.93kmのグラベル(未舗装路)SSが行われた。

ハンニネンは安定感のある走りを続け、SS18では5番手タイムを記録。

前日よりも少し体調が好転したラトバラは、ミスなく4本のSSを走破し9位の座を堅持した。

そしてラッピは、今回がワールドラリーカーでの初ラリーであったにも関わらず、10位でフィニッシュしポイントを獲得。さらに、ボーナスポイントがかかる「パワーステージ」のSS19では、4番手タイムを記録してボーナスの選手権ポイントを加算した。

それぞれの選手が様々な困難に対峙したタフな1戦ではあったが、終わってみれば全車がトップ10以内で完走を果たし、ポイントを獲得するなどTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamにとっては実り多きラリーだった。

■ラリー・ポルトガル デイ4の結果
1 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア (フォード フィエスタ WRC) 3h 42m55.7s
2 ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +15.6s
3 ダニ・ソルド/マルク・マルティ (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +1m01.7s
4 オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (フォード フィエスタ WRC) +1m30.2s
5 クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン (シトロエン C3 WRC) +1m57.4s
6 エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット (フォード フィエスタ WRC) +3m10.6s
7 ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム (トヨタ ヤリス WRC) +3m48.9s
8 マッズ・オストベルグ/オーラ・フローネ (フォード フィエスタ WRC) +5m29.7s
9 ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ (トヨタ ヤリス WRC) +5m43.6s
10 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (トヨタ ヤリス WRC) +8m13.3s

●【WRC】トヨタのマキネン代表「将来に向けて学んだ難しいラリー」
●【WRC】トヨタのラトバラ「病院で点滴・・・キャリアで最も辛いラリー」
●【WRC】トヨタのハンニネン「多くを学び、自信を持てた」
●【WRC】トヨタのラッピ「初WRCでボーナスポイントまで獲得」
●【WRCランキング】トヨタ、実り多きラリー

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック