ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ハミルトン「セーフティカー導入時に判断ミスをしてしまった」

2017年04月17日(月)7:24 am

メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた2017年F1第3戦バーレーンGP決勝を終えて次のようにコメントした。

●【決勝結果】F1バーレーンGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数

■ルイス・ハミルトン「スタートでベッテルを見失った」
決勝/2位

「難しい週末だったよ。スタートはまずまずだったんだけど、セバスチャン(フェラーリ)が僕の死角に入ってしまい、彼がどこにいるのか分からなくなってしまったんだ。それで順位を落としてしまったよ」

「追いかけていくのは本当に難しかったけれど、全体的には僕たちにも同じくらいのペースはあった。セーフティカーが入ったときに状況判断を間違えてしまったんだ。あれは僕のミスだった。だからチームにはあやまらないとね。2回目と最後のスティントではいいペースがあったし、正直セバスチャンをとらえることもできると思っていた。だけど5秒ペナルティーを受けたことでそれが倍も困難になったよ」

「最後のスティントをソフト(タイヤ)でいったのは正しい選択だったと信じているよ。あれは最高の策だったと思っている。だってまだ先はかなり長かったからね。僕のメンバーたちはここまでのところずっといい指示を出してくれている。ミスをばん回するためにベストを尽くしたんだけど、それでは十分ではなかったよ。それでもまずまずのポイントを持ち帰ることはできた」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック