マクラーレン・ホンダ、限界か?

【マクラーレン】フォーミュラEのチーム起ち上げから買収まで検討

2017年03月19日(日)7:53 am

マクラーレンは、フォーミュラEにパワートレイン技術のサプライヤ、またはチームとして参入することを検討しているという。

■バッテリー独占サプライヤーは決定

『マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ(応用技術)』社は、フォーミュラE開始当初から全チームにモーターとインバータを供給しており、2016年9月に開催された世界モータースポーツ評議会にて、フォーミュラEのシーズン5と6(2018-2019と2019-2020)のバッテリー独占サプライヤーとして選ばれている。

このバッテリーにより、レース中にクルマを交換する必要がなくなる。

■マクラーレン、さらなる関与を望む

新しいマクラーレンのボスであるザック・ブラウンは、『Autosport(オートスポーツ)』に「何らかの形で」シリーズに大きな技術的関与を望んでいるが、具体的には語らなかった。

「我々がリーダーシップを発揮し、その能力を示すことができるのは素晴らしいことだ」

「フォーミュラEにもっと関わる方法を探しているよ」

「マクラーレンが技術を応用するため、フォーミュラEでの他の分野をさらに発展させるために、チームの立ち上げからチーム買収、チームとの協業まで、すべてがテーブルの上(検討事項)にある」

「我々はバッテリー技術(の提供)を超えて進めることができる。私はモーターレーシング・ジャンキー(中毒者)だ。ブランドとして商業的に可能であれば、可能性が広がるほど良いよ」

もしマクラーレンが、『2018/19シーズン』においてフォーミュラEにパワートレインを供給する場合、先月までに登録を提出しなければならなかったが、これについては発表されていない。

■フォーミュラEは3年目、世界のメーカーが参戦

フォーミュラEは3年目のシーズンを迎えており、ジャガー、ルノー、アウディ、BMW、DS、そしてマヒンドラ、ネクストEV、ベンチュリのようなまだ広く知られていないブランドのメーカーも認知度拡大のために参戦している。

現在アンドレッティのテクニカルパートナーであるBMWは、来シーズンには本格的に参入し、2018/19シーズンからBMW独自のパワートレインメーカーとして登録されるようだ。

また、メルセデスは2018/19シリーズに参戦するためのオプションを確保しているが、参戦するかどうかは現時点では不明だ。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック