ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ウェーレインのヘルメットから消えたモノとは?

2017年03月10日(金)18:15 pm

今季最初のF1公式シーズン前テストはけがのために参加を見合わせていたパスカル・ウェーレイン(ザウバー)だが、7日(火)から開始された2度目のテストには無事出走を果たしている。

【動画・4エンジン比較】ホンダエンジンはストレートで死んでいるような音に聞こえる・・・

■ウェーレインのヘルメットからメルセデスのロゴが消滅

だが、そのテストでウェーレインが被っているヘルメットにちょっとした変化が見られたと報じられている。

ウェーレインは、メルセデスの契約下にあるドライバーだ。昨年はメルセデス製パワーユニットを搭載していたマノーでF1デビューを飾ったが、シーズンを通じてそのヘルメット前部にはメルセデスのロゴが描かれていた。

だが、今季移籍したザウバーはフェラーリからパワーユニットの供給を受けている。どうやらウェーレインのヘルメットからメルセデスのロゴが消えたのはそれに関係がありそうだ。

■理由はフェラーリへの配慮

ドイツの『Bild(ビルト)』から、ヘルメットに描かれていたメルセデスのロゴを塗りつぶした理由を尋ねられたウェーレインは、テストが行われているスペインのバルセロナで次のように答えた。

「それは、トト(ヴォルフ/メルセデスのモータースポーツ責任者)と僕がそうしようと決めたんだ」

「ザウバーにはフェラーリがエンジンを供給している。そして僕は今フェラーリの人たちと仕事をしている。だから、そこに余計な緊張感を生じさせたくないと思ったのさ」

ちなみに、3月10日(金)現在において、ザウバーの公式サイトにはいまだにメルセデスのロゴが描かれたウェーレインのヘルメット画像が掲載されている。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック