ホンダ勝てば「マクラーレンは愚か」

日産/ニスモ、世界各国でNissan GT-R NISMO GT3供給、GT300・スーパー耐久など

2017年02月17日(金)19:33 pm

日産自動車株式会社(以下、日産)およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(以下、ニスモ)は17日、日産/ニスモの2017年モータースポーツ活動を発表した。

日産/ニスモは、レースカーやエンジンを世界各国に供給するカスタマーレーシングプログラムを拡大していく。

■カスタマーレーシングプログラム

1) カスタマーレーシング - GT3 プログラム
2012年に販売を開始したNissan GT-R NISMO GT3は、これまで33台を販売し、日本、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、中国でレースに参戦してきた。

2016年には20台が世界各地でレースシリーズに参加し、スーパー耐久シリーズのST-Xクラスチャンピオン獲得をはじめ、各国のレースで勝利を挙げた。ニスモは、2017年も引き続きNissan GT-R NISMO GT3のカスタマーへ、車両供給、及び技術支援を行う。

日産/ニスモは、SUPER GT、スーパー耐久等に参戦するカスタマーチームに技術支援を行うとともに、以下のレースに参戦するチームを支援する。

ブランパンGTシリーズ エンデュアランスカップ
日産/ニスモは ブランパンGTシリーズのエンデュアランスカップ(プロクラス)にボブ・ネヴィルを監督として参戦するTeam RJN NISSANを引き続き支援する。

ドライバーは、日産のグローバルなモータースポーツファミリーから、2015年のチャンピオンペアである千代勝正/アレックス・バンコムと、2008年の初代GTアカデミー勝者のルーカス・オルドネスが選ばれた。

チーム 監督 クラス ドライバー タイヤ
Team RJN NISSAN ボブ・ネヴィル プロ 千代勝正/アレックス・バンコム/ルーカス・オルドネス ピレリ

SUPER GT GT300クラス
若手ドライバーの育成に主眼を置いたNDDP Racingは、SUPER GT GT300クラスに高星明誠を起用。高星の指導役として星野一樹がペアを組んで参戦する。チーム運営は、昨年に引き続きB-MAXが行う。

No. チーム 監督 ドライバー 車両名 タイヤメーカー
3 NDDP RACING 長谷見昌弘 星野一樹/高星明誠 B-MAX NDDP GT-R ヨコハマ
SUPER GT Car3 B-MAX NDDP GT-R

スーパー耐久シリーズ ST-Xクラス
KONDO Racingは、2016年にシリーズチャンピオンを獲得したスリーボンド日産自動車大学校GT-Rで2連覇を目指して今年もST-Xクラスに参戦する。

ドライバーの一人には藤井誠暢が名を連ねている。このKONDO Racingと日産自動車大学校とのコラボレーションは、教育とモータースポーツを結びつけたユニークな活動だ。

クラス No. チーム 監督 ドライバー 車両名
ST-X 1 KONDO Racing 近藤 真彦 藤井誠暢/TBA スリーボンド日産自動車大学校GT-R

■その他の活動

オーストラリア: スーパーカーズ選手権

日産は、アルティマでオーストラリアのスーパーカーズ選手権に継続参戦する。ドライバーは、リック・ケリー、トッド・ケリー、マイケル・カルーソに加え、新たにシモーナ・デ・シルベストロが参戦する。
Nissan and NISMO announce global motorsport program for 2017

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック