ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

スバル、2017年モータースポーツ活動計画を発表

2017年01月13日(金)13:41 pm

富士重工業とモータースポーツ統括会社スバルテクニカインターナショナル株式会社は、2017年のSUBARU モータースポーツ活動についての概要を発表した。

■ニュルブルクリンク24時間耐久レース

SUBARU WRX STI 2016モデル

2008年から10年連続の出場となる第45回ニュルブルクリンク24時間耐久レース(ドイツ、5月25日~28日)に、WRX STIで出場。SP3Tクラス(2.0L以下のターボ車)で3年連続5度目のクラス優勝を目指す。

2017年の参戦車両は、加速性能とトップスピードの向上を図るためにエンジン出力の向上、パドルシフトの採用、トランスミッションの改良を施しており、同時にシャシージオメトリーの最適化、剛性バランスの改善、車体の軽量化、慣性モーメントの低減、フロントダウンフォースの向上などによりコーナーリングスピードも上げ、量産車の良さを活かしながら更に「速く」かつ「意のままに操る」開発と改良を施している。

チーム監督は、昨年に引き続きSTIの菅谷重雄が務め、ドライバーは、昨年までの2連覇のメンバーである、カルロ・ヴァンダム(オランダ)、マルセル・ラッセー(ドイツ)、ティム・シュリック(ドイツ)、山内英輝(日本)の4名体制で臨む。

■SUPER GTシリーズ

SUBARU BRZ GT300 2016モデル

日本国内最高峰のモータースポーツカテゴリーであるSUPER GTのGT300クラスに、昨年に引き続きSUBARU BRZ GT300にて参戦する。

2017年の参戦車両は、水平対向ボクサーエンジンの熱効率の改善、軽量化、空力性能の向上、慣性モーメントの改良などを施した。

チーム総監督はSTIの辰己英治が務め、チーム運営は、「R&D SPORT」が担当。ドライバーは、井口卓人選手と山内英輝選手を継続起用する。

■グローバルラリークロス選手権
アメリカで人気のグローバルラリークロス選手権に参戦しているSUBARUラリーチームUSAに技術支援を行う。

サーキットレース、オフロードレース、ラリーの要素を併せ持つ、この競技においてもニュルブルクリンクやSUPER GTで培ったノウハウをつぎ込み、スバルの水平対向エンジン、シンメトリカルAWDの優位性を実証していく。

2017年シーズンは、信頼性向上に重点を置いたエンジン開発、車体の軽量化、剛性の強化、慣性モーメントの最適化などの技術支援を行っていく。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック