バーニー、マクラーレンを批判

「非常に複雑」な背景を抱えるロズベルグの後任問題

2017年01月12日(木)5:28 am

メルセデスAMGの非常勤会長を務めるニキ・ラウダが、ニコ・ロズベルグの後任として2017年にルイス・ハミルトンのチームメートとなるドライバーはまだ決定していないと主張した。

現役時代には3度F1王座についた伝説的元F1ドライバーでもあるラウダは、スイスの『Blick(ブリック)』紙からいまだに決定できない理由を問われると、「すべてが非常に複雑なんだ」と答えている。

■土壇場でドライバー探しを迫られたメルセデスAMG

2016年に念願のF1チャンピオンの座を手にしたロズベルグが突然引退したことで、メルセデスAMGは急きょその後任ドライバーを見つける必要に迫られたわけだが、通常この時期にはすでにトップドライバーたちの翌年度の去就は確定しており、優秀なドライバーを引き抜くことは現実的には非常に困難だ。

メルセデスのCEO(最高経営責任者)であるディーター・ツェッチェは、突然ロズベルグ引退の知らせを受けたときのことを思い返しながら、『Autocar(オートカー)』に次のように語った。

「(その電話が)トト(ヴォルフ/ビジネス担当エグゼクティブディレクター)からだと分かったとき、私は『ああ、またルイスが何か問題を起こしたのか』と思ったよ」

だが、そのときヴォルフが伝えてきたのはロズベルグの電撃引退の知らせだった。そしてメルセデスAMGはその後大慌てで後任ドライバー探しを開始したというわけだ。

「もちろん、新しいシーズンを迎えるにあたって2人のF1チャンピオンがいてくれれば、我々にとってはもっと好ましく、よろこばしいことだっただろう。だが、人生なんてそんなものさ」とツェッチェは付け加えた。

■ボッタス引き抜き実現のシナリオは?

ツェッチェは、突然の引退を発表したロズベルグに対して怒りは感じていないと主張している。だが、メルセデスAMGが非常に面倒な立場に置かれてしまったのも事実だ。

その後、メルセデスAMGがロズベルグの後任としてウィリアムズのバルテリ・ボッタスに白羽の矢を立てたことはすでに知られている。

そしてメルセデスAMGが現在その実現に向けて描いているシナリオは、チーム離脱が発表された技術トップのパディ・ロウの「ガーデニング休暇」を短縮してウィリアムズへの早期合流を認めること、そしてボッタスの契約を買い上げるためにウィリアムズに巨額を支出し、ウィリアムズがその資金を元に2016年限りでF1引退を表明していたフェリペ・マッサの現役復帰を実現させることだろうと考えられている。

■金銭面での折り合いが課題か?

だが、物事はなかなかシナリオ通りにうまく運ばないことも多いものだ。

ボッタスのマネジメントにかかわっているフィンランド人元F1チャンピオンのミカ・ハッキネンは、メルセデスAMGがボッタスを第一候補としてその獲得を目指していることは、ボッタスにとって「夢のようなシナリオ」だと語ったことが報じられている。

だが、『Blick(ブリック)』は、交渉がまだまとまっていない原因のひとつは、ウィリアムズとボッタスのマネジメントチームが、メルセデスAMGに対してかなりの金額を要求していることだと書いている。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック