ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

メルセデスAMG ボッタス契約発表日程決定との報道を否定

2017年01月11日(水)18:17 pm

スペインの日刊スポーツ紙『AS』が、2017年にメルセデスAMGでルイス・ハミルトンのチームメートとなるドライバーが正式発表される日程が決まったと報じた。

しかし、メルセデスAMGはこの報道を否定している。

■新車発表1か月前にボッタス加入を発表?

最近の報道によれば、2016年にF1チャンピオンとなって引退してしまったニコ・ロズベルグの後任となるのはウィリアムズのバルテリ・ボッタスでほぼ間違いないと見られている。

そんな中、『AS』はメルセデスAMGではすでにそれを発表する日程を決定していると次のように報じた。

「我々の情報源によれば、ボッタスに関しては(メルセデスAMGの)新車公開の1か月前にあたる1月23日(月)に発表される」

■日付はでっちあげだとメルセデスAMG

だが、メルセデスAMGの広報担当者はこの報道を否定し、次のように語った。

「あのスペインのメディアは我々のチームとはなんのつながりもない。つまり、この日付はでっちあげに過ぎない」

さらに、メルセデスAMGの広報担当者はボッタスの母国フィンランドのテレビ局『MTV』に対しても、まだハミルトンのチームメートを発表する日程は決まっていないと語り、決定すればすぐに明らかにするつもりだと付け加えている。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック