マクラーレン・ホンダ、限界か?

ヒュルケンベルグ「ルノーは2017年も苦戦を強いられる」

2016年12月28日(水)18:37 pm

ニコ・ヒュルケンベルグが、2017年からステアリングを握ることになるルノーのF1カーはまだライバルたちと戦えるレベルには至らないだろうと語った。

ヒュルケンベルグは、2016年限りでフォース・インディアを離れ、2017年にはフランスの世界的自動車メーカーであるルノーのワークスチームへ移籍することになっている。

ロータスを買収し、2016年からフルワークス体制でのF1挑戦を再開したルノーだが、ケビン・マグヌッセンとジョリオン・パーマーを擁して戦った復帰初年度はコンストラクターズランキング9位に終わっている。

一方、財政的にも苦境が続くプライベートチームのフォース・インディアは、2016年には過去最高の4位でシーズンを終えている。

2017年にはシャシー関連のレギュレーションが変わることもあり、早い段階から2017年型車の開発に取り組んできたルノーが大きく躍進するだろうと見ている者も少なくない。

だが、ヒュルケンベルグは『Daily Express(デイリー・エクスプレス)』に次のように語った。

「僕は来年もまだ準備のための年になると思う」

「来年が少しばかりよくなることを期待はしているよ。だけど、すぐに彼ら(ルノー)がトップ6に入ることができるとは思っていないんだ。トップ10を狙うことさえ難しいかもしれないね」

だが、2015年のル・マン24時間レースを制したことでも知られる29歳のヒュルケンベルグは、2018年以降はルノーが強くなるという自信を持っていると語り、次のように付け加えた。

「こういうことには時間がかかるものなんだ。支援体制を構築し、いい人材を投入し、クルマを開発していくためにはね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック