マクラーレン・ホンダ、新エンジン音

ハミルトンの一人勝ちを恐れるF1ボス

2016年12月15日(木)18:10 pm

F1最高責任者のバーニー・エクレストンが、ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が2017年のF1シーズンを完全に支配してしまうことになるのを恐れていると認めた。

今週、エクレストンがメルセデスAMGの実質的チーム代表であるトト・ヴォルフ(ビジネス担当エグゼクティブディレクター)に連絡を取り、誰が突然引退を決めたニコ・ロズベルグの後任ドライバーとなるのかについて状況を聞いたようだと報じられていた。

エクレストンは、ロズベルグの後任にそれほど力や経験のないドライバーが指名されれば、ハミルトンにはもはやライバルがいないのと同じ状況となるだろうと見ており、それはF1にとっては好ましくない状況だと次のように語った。

「そうなれば誰にとってもよくないし、ルイスにとってもいいことだとは言えない。彼だってフェアに戦い、誰かを打ち負かして勝利を得たいと望んでいるはずだからね」

■ハミルトンに対抗できるのはアロンソかベッテル

86歳のエクレストンは、イギリスのテレビ局『Sky(スカイ)』に対し、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)やセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)なら、ハミルトンと戦って勝つことさえ可能かもしれないと語りつつ、次のように続けた。

「彼ら(メルセデスAMG)はフェルナンドを獲得するのは無理だと言っていた。マクラーレンでのごたごた(スパイゲート事件)があったからね。だから、メルセデスAMGは彼(アロンソ)とやろうとはしなかった」

「私は、セバスチャンはフェラーリで満足していると思うし、今の契約を破棄しようとはしないはずだ」

実際のところ、現時点で伝えられている情報によれば、アロンソもベッテルも来季メルセデスAMGに移籍する可能性はかなり低そうだ。

そうなると、メルセデスAMGにとっての現実的な選択肢は、ヴォルフがマネジメントにかかわっているバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)か、ジュニアドライバーであるパスカル・ウェーレイン(マノー)ということになりそうだ。

■ボッタスやウェーレインではハミルトンに対抗できない?

エクレストンは、ボッタスとウェーレインに関して次のように続けた。

「彼らのうちのどちらかは、あるいは両方とも、うまくパフォーマンスを発揮することはできると思う。だが、どちらもルイスに勝てるとは思えないね」

「私は自分の予想が完全に間違っていればいいと思うし、ハミルトンのチームメートになるドライバーが彼に勝ったり、あるいは、彼をあせらせてミスを誘ったりすることができるのを期待しているよ。だが、私の個人的な意見だが、そういうことは起きないと思う」

■ライバルにドライバーは渡せないとレッドブル

エクレストンは、アロンソやベッテル以外にハミルトンに対抗できるドライバーがいるとすれば、それは19歳のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)かもしれないと考えている。だが、もちろん、レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは自分たちのドライバーをメルセデスAMGに渡すようなことはできないと主張している。

ホーナーは、同じくレッドブルの契約下にあるトロロッソのカルロス・サインツにも言及しながら、イギリスの『BBC』ラジオに次のように語った。

「彼ら全員と長期契約が結ばれている。自分たちの資産のうちの誰かを最大のライバルへ提供する意味などないよ」

■ボッタスは手放せないとウィリアムズ

伝えられるところによれば、メルセデスAMGではボッタスの契約を買い取らせてくれるようウィリアムズに申し出を行ったものの、ウィリアムズ側がこれを拒絶したと見られている。

ウィリアムズはベテランドライバーのフェリペ・マッサが今季限りで引退し、来季はボッタスのチームメートとして18歳のランス・ストロールをデビューさせることになっている。F1未経験のルーキーのメンターとしても、ボッタスが重要な存在となることは確かだ。

「ボッタスをキープし続けることが非常に重要になる」

そう語ったウィリアムズのパット・シモンズ(チーフテクニカルオフィサー)は、『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』に次のように続けた。

「彼(ボッタス)を失えば、チームは大きな打撃を受けることになる。ルールが変わるシーズンだけになおのことだ」

■若手にチャンスを与えるべきだとホーナー

2016年シーズンの第5戦から、それまでトロロッソで走っていたフェルスタッペンを昇格させ、それが見事に成功を収めたレッドブルだが、ホーナーはメルセデスAMGも同様のチャレンジをすべきだと次のように語った。

「そういう(ジュニア)ドライバーたちにチャンスを与えるべきだよ。彼らが最強のクルマで何ができるのか様子を見ようじゃないか」

TopNews最新ニュースを読もう!
前後の記事
TopNewsを読もう!
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック