バーニー、マクラーレンを批判

F1復帰を目指すパストール・マルドナード「オーストラリアでグリッドに立ちたい」

2016年12月14日(水)16:42 pm

ベネズエラ人ドライバーのパストール・マルドナードが、2017年のF1復帰を目指している。

マルドナードは2011年にウィリアムズでF1デビューを飾り、2012年のF1スペインGPでは初優勝も達成している。2014年にはロータスへ移籍し、当初は2016年もロータスを買収したルノーにそのまま残留すると見られていた。だが、スポンサーであったPDVSA(ベネズエラ国営石油会社)がトラブルを抱えたことにより2015年シーズン限りでシートを失っていた。

だが、コロンビアのトカンシパ・サーキットで行われたイベントに姿を見せた31歳のマルドナードは、F1復帰に向けて取り組んでいると次のように語った。

「いくつかのチームと話をしているし、僕はかなり楽観的だよ」

最近、F1統括団体であるFIA(国際自動車連盟)は2017年のF1暫定エントリーリストを発表したが、現時点でシートが空席となっているのは、ニコ・ロズベルグが突然の引退を表明したメルセデスAMGにひとつ、ザウバーにひとつ、そしてマノーの2つだけとなっている。

だが、ロズベルグの引退によって突然最強チームであるメルセデスAMGのシートにひとつ空きができたことから、今後それ以外のチームも含めてドライバーがシャッフルされる可能性も出てきている。

マルドナードは次のように続けた。

「残念ながら、ある状況によって僕はF1からはじき出されてしまったし、ご存じのように、正攻法でまたそこへ戻るのは決して簡単なことじゃないよ」

「最初はF1に出られなくなったことを受け入れるのはつらかった。だけど、ルノーのパフォーマンスを見てからは、また元気を取り戻せたと言えるだろうね。今、僕はまたいくつかのチームと話し合いをしているし、オーストラリア(2017年開幕戦)でグリッドに立てることを期待しているよ」

そう語ったマルドナードは、次のように付け加えた。

「もちろん、ほかのカテゴリーへ行くことも除外はしていないよ。だけど、目指しているのはF1なんだ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック