ホンダ、AI技術「感情エンジン」を搭載したEVコンセプトカーを発表

2016年12月12日(月)13:13 pm

Hondaは、2017年1月5日(木)から8日(日)まで米国ネバダ州ラスベガス市で開催されるCES 2017(国際家電ショー)において、「Cooperative Mobility Ecosystem(考える・つながる・楽しいモビリティのある世界)」をテーマとして、『人とのコミュニケーションを行う人工知能(AI)』を搭載したEVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」や、他社とのオープンイノベーションにより実現したさまざまな技術を展示すると発表した。

■AI技術「感情エンジン」を搭載

世界初公開となるNeuVは、AI技術「感情エンジン」を搭載し、自動運転機能を備えたEVコミューターのコンセプトカー。

また、Honda独自のロボティクス技術を活用したユニークな二輪のコンセプトモデルも世界初公開する。

■「感情エンジン」について

ソフトバンクグループ傘下のcocoro SB株式会社が開発したAI技術で、機械自らの感情を擬似的に生成する機能を有している。

◇ニュース検索ワード -
前後の記事
前後の記事
おすすめ記事
TopNewsを読もう!
日本車メーカー・ブランド特集ページ
トヨタ特集ページ レクサス特集ページ 日産特集ページ ホンダ特集ページ 三菱特集ページ
マツダ特集ページ スバル特集ページ スズキ特集ページ ダイハツ特集ページ 光岡
輸入車メーカー・ブランド特集ページ
アウディ アキュラ アストンマーチン アバルト アルピナ
アルピーヌ アルファロメオ インフィニティ AMG キャデラック
クライスラー ケータハム シトロエン シボレー ジャガー
ジープ GM スマート ダイムラー ダットサン
テスラ パガーニ BMW フィアット フェラーリ
フォルクスワーゲン フォード プジョー ベントレー ボルボ
ポルシェ マクラーレン マセラティ MINI メルセデス・ベンツ
ラディカル ランドローバー ロータス ルノー