マクラーレン・ホンダ、新エンジン音

マクラーレンにメルセデスAMG技術トップが移籍? チームは否定

2016年12月10日(土)17:46 pm

マクラーレンは、メルセデスAMG技術部門のエグゼクティブディレクターであるパディ・ロウがチームに復帰するといううわさを否定している。

54歳のロウは、2013年まで20年にわたってマクラーレンに在籍していた。

メルセデスAMGとロウの契約は今年いっぱいで切れるが、契約延長の交渉はF1シーズンが終わった今もまとまっていない。そのため、メルセデスAMGを離れるのではないかとうわさされている。

ロウの移籍先としてはフェラーリが有力と見られていたが、最近になってイタリアメディアはマクラーレンに復帰するのではないかと伝えている。

しかし、マクラーレンの広報担当者は次のように否定した。

「パディを再び雇用する計画は一切ない。現在、技術部門を率いているマネジメントチームに完全に満足している」

ロウについては、F1キャリアを始めたウィリアムズに復帰するのではないかという見方もある。また、メルセデスAMG技術部門トップの座は、7月にフェラーリを離れたジェームス・アリソンが引き継ぐと言われている。

TopNews最新ニュースを読もう!
前後の記事
TopNewsを読もう!
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック