ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

F1オーストリアGPも開催継続危機?2016年は36億円の損失

2016年12月09日(金)17:02 pm

オーストリアの週刊ビジネス誌である『Trend(トレンド)』が報じたところによれば、今年のF1第9戦オーストリアGPを開催したレッドブルリンクが大きな赤字を計上したという。

●“アジアのニュルブルクリンク”、ティルケ設計の大型複合施設でF1マレーシアGP開催へ

■36億円以上の赤字を出した今年のレッドブルリンク

レッドブルリンクは、かつてA1リンクと呼ばれていたサーキットを世界的エナジー飲料メーカーであるレッドブル社が買収して改修を行ったもので、2014年に11年ぶりにオーストリアGPが復活開催されていた。

だが、その2014年に現在のパワーユニットが導入され、メルセデスAMGが圧倒的な強さを誇り始めるとともにF1人気も大きく下降。レッドブルリンクで行われるオーストリアGPも観客動員に苦慮していると言われていた。

実際のところ、おとなりのドイツでも2017年も今年に引き続きホッケンハイムでドイツGPを開催しようという動きがあったものの、結局財政的理由により来年のドイツGPは行われないことが決まっている。

『Trend(トレンド)』は、オーストリアの山間部の町シュピールベルクにあるレッドブルリンクが2016年に計上した損失は3,000万ユーロ(約36億4千万円)に及んだと報じている。

■最大の原因は観客の激減

11年ぶりにオーストリアにF1が戻ってきた2014年にはまずまずの入場者数を記録していたレッドブルリンクだが、その後急激にチケットセールスが落ち込んだことが、この損失につながったものだと考えられている。

実際のところ、2014年には95,000人の観客を動員したレッドブルリンクでのオーストリアGPだが、2016年の観客数はわずか40,000人にまで落ち込んでしまったとされている。

『Trend(トレンド)』によれば、レッドブルリンクは2015年にもすでに1,800万ユーロ(現在のレートで約20億円)の損失を計上していたとされており、こうした状況が今後も続くようであれば、再びオーストリアからF1が消えることも懸念されることになりそうだ。

■対策はチケット価格引き下げ

伝えられるところによれば、レッドブルではこれを打開するためにチケット価格を引き下げ、入場者数を確保するという戦略で2017年に臨むことになりそうだ。

『Trend(トレンド)』は、ある内部関係者による次のようなコメントを紹介している。

「レッドブルはすでにこの損失への対応を行っており、2017年のグランプリに向けてチケット価格を引き下げた」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック