2017年F1カーナンバー表

ロズベルグの後任最有力候補はウェーレイン?オコン?

2016年12月05日(月)19:54 pm

2016年にマノーからF1デビューを飾ったメルセデス所属ドライバーのパスカル・ウェーレインが、突然引退を発表したニコ・ロズベルグに代わって2017年にメルセデスAMGで走る心構えはできていると主張した。

突然来季のシートがひとつ空くことになったメルセデスAMGだが、ニキ・ラウダ(非常勤会長)やトト・ヴォルフ(ビジネス担当エグゼクティブディレクター)によれば、ほとんどすべてのドライバーから打診を受けたという。

■ウェーレインにチャンスを与えるべきだとベルガー

だが、かつてアイルトン・セナのチームメートとして活躍したことでも知られる元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、『Speedweek(スピードウィーク)』に対し、メルセデスAMGの選択肢は限られていると次のように語った。

「私に言わせれば、候補者は1人だけだよ。パスカル・ウェーレインだ」

「経験豊かなドライバーたちはすべて(他チームと)契約を交わしている。レッドブルにおけるマックス・フェルスタッペンのように、才能のある新人を選択するのであれば、自分たちのジュニアドライバーを昇格させるべきだと私は信じているよ」

うわさでは、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)や、ヴォルフがマネジメントにもかかわっているバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)なども有力候補ではないかと言われている。

だが、ヒュルケンベルグはすでに来季はルノーと契約を結んでおり、ボッタスもウィリアムズとの契約を延長している。

■アロンソやベッテルのクラスなら別だが・・・

しかし、ベルガーは、メルセデスAMGではそうしたドライバーたちに契約を破棄させるようなことをするべきではないと考えている。

「もしアロンソ(マクラーレン・ホンダ)かベッテル(フェラーリ)を得られるのであれば話は違ってくるだろう」

そう語ったベルガーは、次のように続けた。

「だが、そうでなければ、私なら間違いなくジュニアドライバーであるウェーレインを選ぶし、彼にチャンスを与えたいと思うよ。そうじゃなければ、その(ドライバー育成)プログラムそのものがまったく意味をなさないものになってしまう」

しかし、現役時代に3度F1王座に就いたことがあるラウダは必ずしもベルガーと同じ考えではないようだ。

「期待の若手を雇い入れることにはリスクがあるし、彼がどれほどの強さを示すかは分からないよ」

■準備はできているとウェーレイン

そうした中、2015年にDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)の最年少チャンピオンとなったウェーレインは、ロンドンで『DPA通信』に次のように語った。

「F1ではまだ1シーズンだけの経験しかない。だけど、僕はその仕事(メルセデスAMG)への準備はできていると感じているよ」

「だけど、きっとトト・ヴォルフの電話は金曜日(2日)から鳴りっぱなしだと思うよ」

■ウェーレインかオコンが有力も「さまざまな選択肢」があるとヴォルフ

そのヴォルフは、ウェーレインと同じメルセデスの契約下にあるエステバン・オコンも選択肢のひとつだと認めている。2016年シーズンはルノーの控えドライバーとしてF1活動を開始したオコンだったが、リオ・ハリアントに代わってシーズン後半にマノーのシートを得てF1デビューを果たしていた。

だが、そのオコンもすでに来季はヒュルケンベルグの後任としてフォース・インディアに移籍することが決まっている。単純に契約上の問題だけを考えれば、最も可能性が高いのはウェーレインということになりそうだ。

しかし、ヴォルフは、ウェーレインとオコンも有力な候補であるのは確かだと示唆し、次のように続けた。

「我々にとって有利なのは、我々のジュニアドライバーたちはどちらも控えドライバーとしての役割を持っているから3Dスキャンが施されているし、(乗ることを)想定してシャシーも設計されているということだ」

「彼らのうちどちらかをクルマに乗せることになれば、ワクワクするだろうね」

そう述べたヴォルフは、次のように付け加えた。

「だが、もちろん我々にはさまざまな選択肢がある。すべての契約に関して調べることになるだろうし、今後数日のうちに決断したいと思っている」

TopNews最新ニュースを読もう!
前後の記事
TopNewsを読もう!
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック