バーニー、マクラーレンを批判

ジェンソン・バトン、「F1ドライバー」から「レーシングドライバー」へプロフィール変更

2016年12月01日(木)9:49 am

F1を引退したジェンソン・バトンが、Twitterのプロフィールを「F1ドライバー」から「レーシングドライバー」へ変更した。

●【動画】ジェンソン・バトン、忘れられない3つのレースを語る ホンダF1、そして日本GP

F1最後のレースを終えた翌週の火曜日、ジェンソン・バトンはSNSに次のような投稿をした。

「僕のTwitterプロフィールをF1ドライバーからレーシングドライバーに変える時が来たね!」

そして、次のようなハッシュタグも追加している。

「#thejourneyisthereward(旅はご褒美)」

Instagramのプロフィールは「2009 F1世界王者, マクラーレンチームメンバー, 一番トライアスロン創設者 ;) #22」としている。

シーズン中のバトンは「来年のプランはこれから考える」と語っていたが、まずはこういったところを徐々に変えながら、頭と心を切り替えていくようだ。

●ジェンソン・バトンの愛車、凍る

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック