ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

シューマッハJr. 来季はヨーロッパF3へ

2016年11月07日(月)17:03 pm

かつて7度F1王座についたミハエル・シューマッハの息子ミックが、2017年にはヨーロッパF3選手権に参戦する計画であることを認めた。

■F1に向けて大きな一歩を踏み出すミック

今年、そのヨーロッパF3選手権を制したのはミックよりも1歳年上のランス・ストロールだ。ストロールは2017年にウィリアムズからF1デビューを飾ることが決定している。

今季ミックはドイツF4選手権で2年目を過ごし、ランキング2位でシーズンを終えている。そして、来季はヨーロッパF3にミックが挑戦することになるだろうと言われ続けてきていた。仮に2017年にミックがヨーロッパF3で確固たる成績を残せば、早ければ2018年シーズンにもシューマッハ二世がF1デビューを果たす可能性も出てきそうだ。

■F3でさらに経験を積みたいとミック

現在、ドイツでF3チームのプレマでテストを行っているミックは、次のように語り来季はF3に挑戦することになるだろうと認めた。

「僕はF3でレースすることになる。そう期待しているよ」

「僕にとって重要なことは、もっと経験を積むことだ。うまくいけば、F3に完全集中していくことになるだろうね」

■ミックのF3昇格が楽しみだとDTMのボス

ヨーロッパF3シリーズは、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)のサポートレースとして開催されている。そのDTMの責任者を務めるハンス・ヴェルナー・アウフレヒトは、ミックがF3に昇格してくることを楽しみにしていると『Auto Bild(アウト・ビルト)』に次のように語った。

「この名前は誰にとっても魅力的だし、そうなれば素晴らしいことだ。もちろん、彼はさまざまな分野で我々を助けてくれるだろう」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック