ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

シューマッハの容体「明るい兆し」ロス・ブラウン語る

2016年11月04日(金)11:32 am

F1復帰に前向きなロス・ブラウンが、『BBC』のインタビューでミハエル・シューマッハの容体に「明るい兆候」が見られていると語った。

●【事故当時のまとめ】ミハエル・シューマッハ、スキー場の事故から意識不明まで

「家族のプライバシーを尊重する」と前置きしながら「明るい兆候が見られており、さらに良くなることを我々は全員が毎日祈っている」

「私が言っておきたいのは、マイケルの容体に関する多くの憶測が言われているが、そのほとんどが間違っているということだ。私たちはいくつかの進行状況を見守りつつ、ただ祈って、毎日願っている。いつの日か、マイケルが外出できるようになり、大けがを克服した姿を見られるようにね」

ミハエル・シューマッハは、2013年12月29日(日)フランスのメリベルで家族や友人とスキーを楽しんでいた際、スキーで滑走中に転倒し岩に頭を強打し、意識不明の重体となり、退院後はスイスの自宅で療養を続けている。あの事故からまもなく4年を迎える。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック