HondaJet、時速約782km 小型ビジネスジェットの最短飛行時間記録を更新

2016年11月03日(木)8:06 am

Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company、以下HACI)は、米国・フロリダ州オーランドで11月1日から3日まで開催されている世界最大のビジネス航空ショー「ナショナル ビジネス アビエーション アソシエーション(NBAA)2016」において、HondaJetが小型ビジネスジェット機カテゴリーで米国の2つの飛行ルートの最短飛行時間記録を更新したとして、米国航空協会(The United States National Aeronautic Association:以下、NAA)に公式認定されたことを発表した。

この最短飛行時間記録は、テターボロ(ニュージャージー州)とフォート・ローダーデール(フロリダ州)間、およびボストン(マサチューセッツ州)とパームビーチ(フロリダ州)間で達成され、NBAAの会場で公式認定証がNAAよりHACIへ贈られた。

■テターボロとフォート・ローダーデール間では時速約767km

テターボロとフォート・ローダーデール間の飛行では、2016年4月9日の午後2時15分にテターボロ空港を離陸し、午後5時6分にフォート・ローダーデール・エグゼクティブ空港に着陸した。

この日は平均60ノット(時速約111km)の向かい風でしたが、HondaJetはこの航路を2時間51分で飛行。この飛行による最高対地速度は414ノット(時速約767km)に達した。

■ボストンとパームビーチ間では時速約782km

また、ボストンとパームビーチ間の飛行では、2016年7月19日午前7時18分にボストンのニュー・ベッドフォード・リージョナル空港を離陸し、午前10時16分にパームビーチ国際空港に着陸した。平均30ノット(時速約56km)の向かい風の中、HondaJetはこの航路を2時間58分で飛行。この飛行による最高対地速度は422ノット(時速約782km)に達しました。

■HACI社長 藤野 道格「Honda独自の最先端航空機技術」

「小型ビジネスジェットの使用頻度が高いこれらの飛行ルートにおいて、高気温や強い向かい風条件下にもかかわらず、最短飛行時間記録を更新したことは、HondaJetが高い巡航速度に加え上昇・降下性能などでも優れた実用性能を備えていることを証明しています。主翼上面エンジン配置(Over-The-Wing Engine Mount)などのHonda独自の最先端航空機技術がこの高い実用性能を実現しています」

■HondaJetはクラス最高水準の小型ビジネスジェット機

HondaJetは、主翼上面エンジン配置や自然層流翼、一体成型複合材胴体などHondaの独自開発技術の採用により、クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能および室内サイズを実現した小型ビジネスジェット機だ。

昨年12月に米国で納入が開始され、現在は、カナダとメキシコを含む北米、欧州およびブラジルを含む中南米で12のディーラー拠点を介して販売がされている。

◇ニュース検索ワード -
前後の記事
前後の記事
おすすめ記事
TopNewsを読もう!
日本車メーカー・ブランド特集ページ
トヨタ特集ページ レクサス特集ページ 日産特集ページ ホンダ特集ページ 三菱特集ページ
マツダ特集ページ スバル特集ページ スズキ特集ページ ダイハツ特集ページ 光岡
輸入車メーカー・ブランド特集ページ
アウディ アキュラ アストンマーチン アバルト アルピナ
アルピーヌ アルファロメオ インフィニティ AMG キャデラック
クライスラー ケータハム シトロエン シボレー ジャガー
ジープ GM スマート ダイムラー ダットサン
テスラ パガーニ BMW フィアット フェラーリ
フォルクスワーゲン フォード プジョー ベントレー ボルボ
ポルシェ マクラーレン マセラティ MINI メルセデス・ベンツ
ラディカル ランドローバー ロータス ルノー