ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「終盤までタイヤがもたなかったし燃料もセーブする必要があった」

2016年08月01日(月)0:24 am

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、ホッケンハイムリンクで行われたF1ドイツGP決勝を振り返って次のようにコメントした。

●【F1ドイツGP決勝結果】順位、タイム差、周回数、ピット回数

■フェルナンド・アロンソ「厳しいレースになるのは分かっていた」
決勝/12位
「すごく厳しいレースだった。今季ここまででは一番厳しかったかもしれない。特に終盤に向けてね。タイヤはもう終わってしまっていたし、燃料もかなりセーブしなくてはならなかった」

「ここに来る前から厳しい週末になるかもしれないということは分かっていたんだ。最終的に僕はレースの最後で10位のポジションを失ってしまった。だから、期待していた最後のポイントを獲得することができなかったということだ。だけど、レース全体を通じて僕たちにはペースがなかったよ」

「これからはベルギーGP(8月28日決勝)に向けて準備をすることが優先課題となる。夏休みが終わったときに強くなって戻って来られることを期待しているよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック