ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ル・マン出場に情熱を抱くアロンソとヒュルケンベルグ

2016年06月12日(日)20:30 pm

今年のル・マン24時間レースは、アゼルバイジャンで初開催となるF1ヨーロッパGP(19日決勝)と同日開催だ。

●【タイム結果】F1カナダGP 予選、タイム差、周回数

■「必ずル・マンに戻る」とヒュルケンベルグ

昨年は、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)がポルシェからル・マンに出走し、見事優勝を飾った。しかし、今年は出走してタイトルを防衛することはできない。

ル・マンをテレビなどで見るかとF1カナダGPで聞かれると、ヒュルケンベルグはこう答えた。

「もちろんだよ。予選やミーティングが全部終わったら、テレビかインターネットで展開を見られるか試すつもりだ」

タイトル防衛ができないのは奇妙な気分ではないかと聞かれると、ヒュルケンベルグは「実は違う」と答えた。

「常にはっきり言ってきたように、F1こそ僕の一番の情熱であり、仕事だ。今年はたまたまル・マンができないというだけ。でも将来は、必ずル・マンに戻るつもりだよ」

■将来のル・マン出走を目指し奔走するアロンソ

ル・マン出走を目指すF1ドライバーはほかにもいる。マクラーレンのフェルナンド・アロンソだ。

ル・マンで最多の9勝を飾っているトム・クリステンセンは、アロンソのル・マンに対する思いをスペインの『El Confidencial(コンフィデンシアル)』に語っている。

「2年前にル・マンで彼を見た。このレースに大きな情熱を抱いている」

「彼が大勢の人とこの件について話しているのを僕は知っている。マーク・ウェバーもその1人だ」

「彼が将来このレースをやりたいと情熱を燃やしているのが分かるよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック