ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

フェラーリ、カナダGPに新ターボシステムを投入か

2016年06月06日(月)18:47 pm

ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』によれば、フェラーリは今週末にモントリオールで開催されるF1カナダGP(現地時間12日決勝)に、新設計のターボを投入することになるという。

■これまでコンマ5秒のハンデを背負っていたフェラーリ

2016年シーズンに向けて昨年とはまったくターボシステムを設計して臨んだフェラーリだが、開幕と同時に信頼性の問題が発生。4月には、フェラーリではその修復を目指しているものの、それが完了するまではエンジンのパワーを全開にすることができないようだと伝えられていた。

そして、ドイツのテレビ局『RTL』は、そのターボの問題によりフェラーリはここまでのところ「1周あたりコンマ5秒ほど失っているだろう」と専門家たちが見ているとその時点で報じていた。

■今後はフルパワー発揮も可能に?

だが、『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』はその修復作業が完了し、モントリオールでは新たなターボシステムが導入されることになったと伝え、セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンの2人は今後パワーユニットの最大パワーを使うことができるようになるだろうとしている。

最近ではレッドブルにも足をすくわれた感のあるフェラーリだが、カナダに持ち込む新ターボやほかの改良によって、少なくとも最強メルセデスAMGに次ぐ2番手の位置は取り戻したいと考えているようだ。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック