ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【GP2】松下信治、日本人モナコ初優勝!マクラーレン・ホンダのテストドライバーが大差で優勝

2016年05月29日(日)1:11 am

F1モナコGPのサポートレースとして行われているGP2シリーズ第2戦モナコGPの第2レース、ホンダ育成ドライバーでマクラーレン・ホンダのテストドライバーを務める松下信治(まつした のぶはる、ARTグランプリ所属)が、モナコで日本人として初めてポールポジションからスタートし、日本人初優勝を成し遂げた。伝統のモナコ・モンテカルロでポール・トゥ・ウィンという快挙だ。

●【ホンダF1】長谷川祐介「パワーユニットのセッティングはうまく行っている」/F1モナコGP2日目

金曜日に行われた第1レースで繰り上げ8位に入賞した松下は、幸運なことに本日の第2レースをリバースグリッドによりポールポジションからスタートすることになった。GP2のルールでは、第1レースの上位8台がリバースグリッドとなり、第2レースの決勝グリッドとなる。

第2レースの決勝は、2位以下を13秒660も引き離して優勝を飾った。しかもファステストラップも叩き出して、堂々の優勝だ。モナコに君が代が流れた歴史的瞬間となった。

松下は、ドライバーポイントランキングで6位に付けている。


モナコのグリッドガール

ポールポジションからスタートの松下、トップを守る


後続を引き離していく

トップでチェッカー!

松下選手、日本人モナコ初優勝!







ホンダも祝福「松下選手が素晴らしい優勝!決して忘れることのない特別な瞬間です」

●【速報】松下信治、ホンダ秘蔵っ子がGP2で初優勝!可夢偉以来(2015年にGP2初優勝)

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック