ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ホンダPU搭載を望むトロロッソ。3年契約で交渉中との報道

2016年05月09日(月)19:23 pm

現在、マクラーレンだけにパワーユニットを供給しているホンダだが、来季からはトロロッソへも供給を開始することになるかもしれない。

●ホンダF1が人材募集。世界一を目指したい人にチャンス

■来季からエンジンメーカー独占はルール違反

フィンランドの『Turun Sanomat(トゥルン・サノマット)』によれば、レッドブルのジュニアチームであるトロロッソは、すでに2015年からホンダのパワーユニットに興味を示していたという。

だが、マクラーレンでは現在の契約の中にホンダが他チームへパワーユニットを供給することを拒否できる条項を盛り込んでいると伝えられている。そして、マクラーレン・ホンダ総帥のロン・デニスは今後に向けてもホンダを独占したいという考えを捨てていないとも報じられている。

だが、2017年から施行される新しいルールでは、各チームが必ずパワーユニットの供給を受けられるよう保証されるものへと変わることになっている。マクラーレンの思惑はともかく、ルール上は、ホンダが他チームとの間に供給契約を結ぶことを制限することはできなくなる。

F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、これに関して次のように語った。

「昨年は、ホンダが参戦初年度だったこともあり、彼らは1チームにしか供給できないということだった。だが、ルールによればエンジンメーカーは複数のチームに供給できる能力を持つことが求められている」

「彼ら(ホンダ)の問題は、マクラーレンと独占契約を結んでいたことだった」

■トロロッソがホンダとの3年契約を希望か

そんな中、『Turun Sanomat(トゥルン・サノマット)』は、トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストが現在2017年から2020年までホンダと3年契約を結ぶために動いていると報じている。

今年、トロロッソは2015年スペックのフェラーリパワーユニットを搭載しているが、各メーカーが能力アップを図ってくる中、やはり1年落ちのパワーユニットで戦うのはシーズンが進むにつれて不利となるのは間違いないことだ。

■複数チームへの供給に前向きなホンダ

今季、信頼性面でも性能面でも昨年から大きな進歩を遂げているホンダも、来年以降複数チームにパワーユニット供給を行うことには前向きだと言われている。

ホンダF1プロジェクト責任者の長谷川祐介は、次のように語った。

「私たちはまだ何の計画も有してはいません。しかし、我々はすでにFIA(統括団体である国際自動車連盟)に対し、2つめ、あるいは3つめのチームに供給できるだけの能力を備えるということを約束しています。ですから、我々はそれに向けて準備をしているところです」

●ホンダF1が人材募集。世界一を目指したい人にチャンス

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック