ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【比較映像・解説】魚雷?それとも優れたシャシー?オンボード比較ベッテル vs クビアトの1コーナー論争

2016年04月19日(火)1:06 am

世界中で話題になっているF1中国GP決勝レース、スタート直後のセバスチャン・ベッテルとダニール・クビアトの1コーナー「魚雷」クラッシュ問題。

●ベッテル「魚雷だ!」vs クビアト「いいじゃん」の“熱い”議論を画像で見る、全録

ベッテルは「魚雷のように突っ込んできた」と怒り心頭だ。

中国GPを訪れていたフェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は「フェラーリらしくない」とご不満の様子だが、2位という結果には満足しているようだ。

フェラーリのチーム代表マウリツィオ・アリバベーネは「逆(クビアト)の立場なら、2人とも同じことをしたはずだ」とレーシングアクシデントとして見ているが同士打ちに喜んではいない。

●【参照】会長も同士打ちにおかんむり「フェラーリらしくない」

左右のオンボードカメラ映像を比較しながら見ると、たしかにそれぞれの言い分もわかる。

■ベッテルの立場から見ると

ベッテルから見ると、スタートでやや出遅れたベッテルは焦りがあったかもしれない。

良くないスタートの分をばん回しようと1コーナーへ突っ込んでいくが、すぐ目の前で3位ライコネンが2位ロズベルグに接触しそうになり、強めのブレーキで白煙を上げてスピードが落ちてしまい、外側に膨らんだ。

そしてベッテルは、ライコネンが外に膨らんだことで、イン側に大きく空いたスペースへ向けて右へ切り込んでいくが、たしかにイン側に突然「魚雷」のようにクビアトが現れた、というようにも感じる。

■クビアトの立場から見ると

一方、クビアトから見ると、1コーナーのターンイン手前でクビアトはフェラーリの後ろにピッタリくっつくが、イン側に行き場がないことがわかるとフェラーリよりも早めにブレーキングして速度を落としイン側にピッタリついてマシンをコントロールしている。

その後、勢いよく1コーナーへ突っ込んでいったフェラーリ2台は、ライコネンが白煙を上げながらややアウト側へ膨らみ、ベッテルも同じくアウト側に膨らんでいるため、イン側が大きなスペースが空いた。

レッドブルのマシンのダウンフォースレベルは非常に高いため、クビアトはイン側にピッタリ張り付いたままコーナーリングできると感じて、そのままの速度でコーナーリングしたのだろう。

クビアトにしたら、イン側からフェラーリを抜いたと思ったら、フェラーリ2台が左横に当たってきたようにも見える。

■上空から見ると・・・

上空から見るとはっきりわかるが、ベッテルのイン側には2台分ほどの大きなスペースがある。コーナーリングに優れるレッドブルなら、そのままの速度をキープしてもいけるように感じる。

ベッテルからは「魚雷のように突っ込んで来た」とも見えるし、クビアトから見れば「レースなんだから、なんでイン側に飛び込んだらいけないの?」と、お互いに言いたくなるのもわかる。

いずれにせよレーススチュワードは、単なるレーシングアクシデントとしてペナルティは与えず、2台ともそろって表彰台を獲得している。

■ベッテルに焦りか?

マルキオンネ会長が来ていて、スタートを失敗したベッテルとしては焦りがあったとも見える。F1タイトルを4回も獲得したベッテル、終わり良ければすべて良しとなるか。

●【映像】'Torpedo' or terrific? Onboard with Kvyat and Vettel at Turn 1(1:01 - F1.comへ)

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック