ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ハース「2戦連続ポイント獲得に一歩前進」/バーレーンGP2日目

2016年04月03日(日)6:49 am

ハースのロマン・グロージャンとエステバン・グティエレスが、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われたF1バーレーンGP2日目を終え、次のようにコメントした。

【結果】F1バーレーンGP予選の順位、Q1-Q2-Q3のタイム

■ロマン・グロージャン「予想以上の位置を確保」
フリー3/6番手
予選/9番手
「予想よりも上のポジションになれたからよかった。全員が素晴らしい仕事をしてくれた。予選の前にギュンター(シュタイナー/チーム代表)と話をしていたんだけど、彼はこのセッションで僕たちの力が試されるだろうって言っていたよ」

「コースに出るたびに学ぶことができている。チームのみんなのことを本当に誇りに思っているよ。明日は長いレースになるし、タイヤ選択に関しては難しいレースになるだろう。でも、いい結果を残すことも可能だと思う。もっとポイントを取りたいと思っているけれど、オーストラリアとはすごく違うサーキットだからね。決勝を楽しみにしている」

■エステバン・グティエレス「クリーンラップが取れなかった」
フリー3/8番手
予選/13番手
「今日は、僕にとってはかなりきつくて競争の激しい予選になった。最初はほかのクルマがたくさんいてその影響を受けてしまったからアウトラップでタイヤの準備を整えるのが難しかった。だからQ1での最初のタイムはよくなかったんだ。でも次のタイムはだいぶよくなったよ。Q2に進出できたのはチームの素晴らしい努力のおかげだし、すべてをうまく整えてくれた」

「ところが(Q2では)また多くのクルマが前にいるという理想的ではない状況だった。でも、今一番大切なのはレースに集中することだし、ポイントを獲得することだ。僕は13番手だけど、明日はベストを尽くしてすべてのことを最大限に生かしていきたいと思っている」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック