ホンダ勝てば「マクラーレンは愚か」

今年のフェラーリは間違いなく速いとニキ・ラウダ

2016年03月22日(火)18:48 pm

今年のF1開幕戦オーストラリアGPはニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)の優勝で終わったが、本当であればフェラーリのセバスチャン・ベッテルが優勝していたはずだと考えている者も少なくない。

ジャン・アレジ「今年のF1レースは面白くなる」

■開幕戦で手応えを感じたイタリアメディア

スタートでメルセデスAMGの2台を抜き去ることに成功していたベッテルが優勝を逃したのは、赤旗によるレース中断とそのときにチームがタイヤ選択を誤ったことによるものだと見ている者が多い。

フェラーリの母国イタリアの『Corriere della Sera(コリエーレ・デラ・セラ)』は、「メルセデスAMGがオーストラリアでは勝った。だが、それはフェラーリがミスを犯したおかげだ」と主張している。

さらに、『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』は「メルセデスAMGの遊び場はすでになくなった」と書き、『Tuttosport(トゥットスポルト)』も「今年はメルセデスAMGが独走するシーズンとはならないことが明らかだ」と書くなど、イタリアのメディアは次のレースではフェラーリが必ず勝つと言わんばかりの熱狂ぶりだ。

■メルセデスAMGにはまだマージンがあるとマルコ

しかし、レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、そうやすやすとメルセデスAMGを攻略することはできないだろうと考えている。マルコはオーストリアの『Kleine Zeitung(クライネ・ツァイトゥング)』に次のように語った。

「メルセデスAMGは(今年のレースでは)その本当の優位性を隠そうとするだろう」

だが、メルセデスAMGとフェラーリの差が昨年よりもさらに縮まってきていることを示すデータもある。昨年の開幕戦では同じ3位ながら、ベッテルは優勝したルイス・ハミルトンから35秒ほども遅れてフィニッシュラインを横切っていた。しかし、今年は赤旗中断があったとは言え、トップのロズベルグからは10秒以内の遅れでゴールしている。

■レースでは戦えるとベッテル

ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』は、開幕戦が行われたアルバート・パーク・サーキットの曲がりくねった第3セクターでは、メルセデスAMGはベッテルのタイムと比較してわずかに1000分の77秒速かっただけだと指摘している。

ベッテルも次のように語った。

「予選では彼らがパワーを発揮するし、彼らが上に出てしまう。だけど、コーナーでは僕らも彼らと争うことができるよ」

■フェラーリの速さに疑う余地はないとラウダ

そして、メルセデスAMGの非常勤会長を務めるニキ・ラウダも今年のフェラーリは間違いなく速いと認めている。

ラウダは、メルセデスAMGにとって大きな問題だったのは、ポールポジションのハミルトンと、最前列の2番グリッドのロズベルグがスタートにしくじり、やすやすとフェラーリの2台に追い抜かれてしまったことだと次のように語った。

「今回のレースは、スタートで半分決まったようなものだった。フェラーリが素晴らしいスタートを決めたからね。我々は大失敗を犯したが、その理由を解明する必要がある」

「私は、またこういうことが起こることを恐れているよ。フェラーリは速いし、それを疑う余地はないからね」

そう語ったラウダは、次のように付け加えた。

「これからも面白くなるだろうし、次のレースが楽しみだよ」

いずれにせよ、メルセデスAMGとフェラーリが本当にタイトル争いを演じることになりそうかどうかは、あと何レースか様子を見る必要もありそうだ。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック