ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ザウバー、クラッシュテスト合格も新車登場は3月

2016年02月09日(火)19:05 pm

ザウバーでは、3月1日(火)から4日間にわたって行われる予定となっている今年2回目のF1公式シーズン前テストで初めてその2016年型車をデビューさせる予定だと伝えられていたが、現在もその方針に変わりはないようだ。

ザウバーは8日(月)に、2016年型車であるC35が統括団体であるFIA(国際自動車連盟)によって義務付けられているクラッシュテストに合格したと発表した。

当初発表されていた暫定2016年F1カレンダーでは4月に開幕戦が開催される予定となっており、シーズン前テストも3月に入ってからスタートすることになっていた。だが、昨シーズン終盤にスケジュールが見直され、開幕が2週間早まったことで、シーズン前テストも2月22日からに繰り上げられていた。

ザウバーでは、そのタイミングで当初の計画を変更して最初のテストに間に合わせるには無理があるとし、新車を投入するのは3月に行われる2回目のテストからになるとしていた。

だが、このタイミングでクラッシュテストに合格したということは、ザウバーも22日からの最初のシーズン前テストに新車を投入すべくスケジュールを前倒しにしているのではないかとの印象を与えたのも確かだ。しかし、ザウバーの内部関係者は『GMM(グローバル・モータースポーツ・メディア)』に対し、「もともとの計画に何の変更もない」と語った。

ザウバーの広報担当者は1月に、「最初のテストと新車発表までの間にフィルミングデー(宣伝活動用の撮影のために一定の制限のもとに走行を行うこと)走行を行う可能性は除外しない」とも発言しており、ザウバーの新車が2月の最後の週末あたりに披露される可能性もありそうだ。

ともあれ、ザウバーのフェリペ・ナッセとマーカス・エリクソンは、22日からの最初のテストには予定通り2015年型車で参加することで間違いないようだ。ただし、そのクルマには2016年仕様のカラーリングが施されることになるという。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック