【レース結果】F1ハンガリーGP

パスカル・ヴェアライン「マノーの決断を待っている」

2016年01月14日(木)16:46 pm

メルセデスAMGの控えドライバーを務めるパスカル・ヴェアラインが、2016年にF1デビューを果たすことができるかどうか、マノーが出す結論を待ち続けていると語った。

最近、ロータスを買収したルノーの新ワークスチームにおいてドライバーラインアップに変更が生じるかもしれないとのうわさもあるが、公式にまだ2016年シーズンのラインアップを発表していないのはマノーだけとなっている。

今年からマノーにエンジンを供給することになったメルセデスの秘蔵っ子であり、2015年にDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)で史上最年少チャンピオンに輝いた21歳のヴェアラインもマノーのドライバー候補の1人にあげられている。だが、現時点では昨年マノーのドライバーを務めたウィル・スティーブンス、アレキサンダー・ロッシ、そしてインドネシア政府の支援を受けるリオ・ハリアントなどのライバルたちもいる。

だが、マノーでは高額なシート料を要求していると言われ、メルセデスAMGのビジネス担当エグゼクティブディレクターであるトト・ヴォルフも、ほかの候補者が最終的にシートを獲得する可能性が高いだろうと示唆していた。

今週、2016年にF1デビューできそうかどうか尋ねられたヴェアラインは、ドイツのウェブサイト『motorsport-total.com』に次のように答えている。

「状況は変わっていないよ」

「近いうちに具体的なことが分かればいいと思っている」

「ドライバーとしては、今後に向けてプロとして仕事の準備をしておきたいからね」

ヴェアラインは、今年F1へのデビューが果たせなければ、またメルセデスの一員としてDTMのタイトル防衛に臨むことになるだろうと示唆し、次のように続けた。

「どういうことになろうと、僕は2016年を楽しみにしているよ。DTMもすごく楽しいからね。そして、多分2017年にはF1に行けるチャンスも得られると思うんだ」

現在のF1では、より多くのスポンサー資金持ち込みが可能なドライバーのほうがシートを獲得できるチャンスが大きいという状況になっている。だが、ヴェアラインはそのことに不満を抱えても意味がないと主張している。

「僕がそういう状況を変えることはできないからね。ほかに資金をたくさん持ち込めるドライバーがいるということさ」

「もちろん、そういう連中はそれができて満足だろう。でも、彼らがコックピットを得られることをねたんでいらいらするようなことはないよ。なぜなら、僕はF1に昇格するために2015年には自分にできる限りのことを達成したんだからね」

そう語ったヴェアラインは、次のように付け加えた。

「それに、資金を持ち込むことでF1に上がったドライバーたちが明らかに遅いわけではないのも事実だ。そして、いくつかのチームでは彼らが持ち込む資金に頼らざるを得ない状況にある。それが現状なんだよ」

TopNews最新ニュースを読もう!
前後の記事
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック