【P3結果】F1ハンガリーGP

株式上場したフェラーリ、開幕戦で絶対に勝たねばならない

2016年01月12日(火)19:44 pm

フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネが、あらためて2016年は開幕戦F1オーストラリアGP(3月20日決勝)で勝ちにいくと主張した。

フェラーリでは2016年型車の開発が予定よりも遅れていたことが明らかとなっている。だが、マルキオンネは最近、すぐにレースで勝利を収め、F1タイトルを獲得することが2016年シーズンの目標だと語っていた。

フェラーリを傘下に収めていたフィアット・クライスラーの最高経営責任者でもあるマルキオンネは、フェラーリを同社から分離させ、先ごろミラノ証券取引所にフェラーリの株式を上場していた。だが、思ったほどフェラーリ株に人気が集まらなかったこともあり、フェラーリの株価を上げるためにもF1での活躍が必須だとの思いにかられているのだという見方もあるようだ。

フランスの『AFP通信』は、株式市場の専門家のコメントを掲載しているが、それによればフェラーリの株価を左右するのは「パフォーマンスと成功」というイメージであり、そのためにはF1チームが「レースで勝利すること」が必要だという。

「もし彼らがそれ(F1での勝利)に苦労するようであれば、(フェラーリのイメージは)時間とともにむしばまれてしまうだろう」

デトロイト・モーターショーに姿を見せたマルキオンネは、11日(月)に次のように語った。

「フェラーリにとってこれから重要となるのは、常勝チームに戻るためのシーズン最初のレースが行われるオーストラリアに向かう前に、バルセロナでのテストを効果的に行うことだ」

TopNews最新ニュースを読もう!
前後の記事
TopNewsを読もう!
おすすめ記事
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック