ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

目標はF1?またも2世ドライバー登場

2015年11月15日(日)0:31 am

名レーシングドライバーの姓を名乗る若者がまたひとり、F1への階段を上がろうとしている。

2世ドライバーといえば、最近ではマックス・フェルスタッペン(トロロッソ)が代名詞だ。彼はオランダ人のフリッツ・ファン・アメルスフールト率いるユーロF3チームを足がかりに今年、F1に上り詰めた。

同じくファン・アメルスフールトが運営するドイツF4のチームには、F1で伝説的存在ミハエル・シューマッハの息子、ミックが所属している。

そのF3チームに、このほど、もうひとりサラブレッドが加わった。3度のF1王者ネルソン・ピケを父に持ち、兄は元ルノーのF1ドライバー、ネルソン・ピケ・ジュニアというペドロ・ピケだ。

ブラジル国内のF3シリーズで2年連続タイトルを獲得したペドロは、満を持してユーロF3に乗り込むのである。

今や、F1ドライバー養成所と広く認められるユーロF3。マックス・フェルスタッペンと二人三脚で同シリーズを戦った父ヨスは、次のように話す。「ミック・シューマッハの所属チームに、こんどはピケの名を持つドライバーが仲間入りした。いいことじゃないか」

「これもフリッツ(ファン・アメルスフールト)の為せる業だ」とオランダ『De Telegraaf(テレグラーフ)』紙に語るヨス。「彼には、多少なりとも(ピケのチーム加入に)マックスが貢献したと思ってほしいね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック