ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【フォーミュラE予選速報】ブエミが2戦連続ポール チームアグリは予選最高位を更新/第2戦プトラジャヤ

2015年11月07日(土)12:08 pm

フォーミュラEのセカンドシーズン第2戦の予選がマレーシアのプトラジャヤで7日(土)の10時(日本時間11時)から行われ、セバスチャン・ブエミ(ルノーeダムス)が2戦連続のポールポジションを獲得した。

本来10チームから20台がエントリーすることになっているフォーミュラEだが、開幕戦に続いてこのレースにもトゥルーリのクルマが車検に合格せず、2戦連続での欠場を余儀なくされることに。その結果、今回のレースも9チーム18台で争われることになった。

予選は通常5台ずつの4グループに分けてそれぞれ6分間にわたってタイムアタックが行われるが、トゥルーリの欠場により第1グループと第2グループは4台ずつで争われることになった。

第1グループでは、ロイック・デュバル(ドラゴン)が1分20秒251のトップタイムを刻み、ニコラ・プロスト(ルノーeダムス)が2番手で続く。

第2グループでは、開幕戦の北京でポール・トゥ・ウィンを飾ったセバスチャン・ブエミ(ルノーeダムス)が1分19秒821のベストタイムを刻み、全体トップに躍り出る。グループ2番手タイムを刻んだチームアグリのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが全体で4番手につけた。

第3グループでは、フォーミュラE初代年間王者のネルソン・ピケJr(ネクストEV TCR)が登場。しかし、ピケJr.はグリップの足りないクルマに苦しめられ最後尾に沈む。1分20秒213をマークしたステファン・サラザン(ベンチュリ)がブエミに次ぐ全体2番手に顔を出した。

最終第4グループでは、ジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)がグループトップタイムを刻むも、全体では7番手に終わる。1997年のF1チャンピオンであるジャック・ビルヌーブ(ベンチュリ)は全体12番手、唯一の女性ドライバーであるシモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)は最下位に沈んだ。

この結果、元F1ドライバーの鈴木亜久里率いるチームアグリのダ・コスタが5番手で今シーズンから設けられたスーパーポールセッションに進出した。

予選上位5番手までのドライバーたちによってポールポジションが争われたスーパーポールセッションでは、5番手タイムを出したチームアグリのダ・コスタから順に1台ずつアタックを実施。ダ・コスタは予選セッションでのタイムを更新することができなかったが、2番目に走行したプロストも大きくタイムを落としダ・コスタを上回ることができない。3番目のデュバル、4番目のサラザンは順当にタイムを更新していくものの、最後に登場したブエミが1分20秒196をたたき出し、2戦連続のポールポジション獲得を決めた。

ファーストシーズンでは第4戦ブエノスアイレスで優勝を飾っているチームアグリのダ・コスタは自身の予選最高位となる4番手となり、15時から行われる決勝レースを2列目からスタートすることになった。

■フォーミュラE第2戦プトラジャヤ予選結果<暫定順位>
1 セバスチャン・ブエミ(ルノーeダムス)
2 ステファン・サラザン(ベンチュリ)
3 ロイック・デュバル(ドラゴン)
4 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(チームアグリ)
5 ニコラ・プロスト(ルノーeダムス)
6 ルーカス・ディ・グラッシ(ABTシェフラー・アウディ)
7 ジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)
8 ロビン・フラインス(アンドレッティ)
9 ブルーノ・セナ(マヒンドラ)
10 ダニエル・アプト(ABTシェフラー・アウディ)
11 ニック・ハイドフェルド(マヒンドラ)
12 ジャック・ビルヌーブ(ベンチュリ)
13 ジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン)
14 サム・バード(DSヴァージン)
15 ナタナエル・ベルトン(チームアグリ)
16 ネルソン・ピケJr(ネクストEV TCR)
17 オリバー・ターベイ(ネクストEV TCR)
18 シモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)

フォーミュラEセカンドシーズン第2戦プトラジャヤの決勝は、このあと日本時間15時にスタートする。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック