ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【フォーミュラE予選速報】セカンドシーズン最初のポールシッターはセバスチャン・ブエミ

2015年10月24日(土)14:12 pm

フォーミュラEのセカンドシーズン開幕戦の予選が北京で24日(土)の12時(日本時間13時)に行われ、元F1ドライバーのセバスチャン・ブエミ(ルノーeダムス)がポールポジションを獲得した。

本来10チームから20台がエントリーすることになっているフォーミュラEだが、セカンドシーズン開幕戦にはトゥルーリがクルマの準備が間に合わず、18台で争われることに。

予選は、まず昨年同様に5台ずつの4グループに分けてタイムアタックが行われたが、第1グループと第3グループはトゥルーリの欠場により4台で争われることになった。

第1グループでは、ダニエル・アプト(ABTシェフラー・アウディ)がトップタイムを刻み、今季唯一の女性ドライバーとなるシモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)が2番手、チームアグリのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが3番手、ファーストシーズンのチャンピオンであるネルソン・ピケJr(ネクストEV TCR)が4番手だった。

第2グループでは、ニコラ・プロスト(ルノーeダムス)がトップに立つ。さらに残りの4名もニック・ハイドフェルド(マヒンドラ)、ルーカス・ディ・グラッシ(ABTシェフラー・アウディ)、ステファン・サラザン(ベンチュリ)、ブルーノ・セナ(マヒンドラ)の順ですべて第1グループのドライバーよりも上位に立った。

第3グループでは、ブエミが全体ベストを刻み、それにジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン)が続いた。今シーズンから参戦することになった1997年のF1チャンピオン、ジャック・ビルヌーブ(ベンチュリ)は全体で9番手、チームアグリの新鋭ナタナエル・ベルトンは12番手となる。

第4グループでは、ロイック・デュバル(ドラゴン)、サム・バード(DSヴァージン)、ジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)が全体の8番手から10番手に食い込み、ロビン・フラインス(アンドレッティ)が13番手、オリバー・ターベイ(ネクストEV TCR)が15番手となった。

今シーズンから設けられたスーパーポールセッションでは、予選セッションで上位5番目までのタイムを刻んだドライバーたちによってポールポジションが争われた。

このセッションでは、5番手のタイムを出したディ・グラッシから順に1台ずつでアタックを実施。ハイドフェルド、プロストと順調に自身の順位をキープするタイムを刻んでいくが、グループ予選では2番手タイムを刻んでいたベルニュがブレーキングでミスを犯してしまい、大きくタイムを落としてしまう。結局、最後にアタックに臨んだブエミが自己ベストを更新する1分37秒297をたたきだし、セカンドシーズン開幕戦のポールシッターに輝いた。

このあと日本時間17時から行われる決勝では、ルノーeダムス勢が最前列から並んでスタート。日本からエントリーしているチームアグリは、ダ・コスタが16番手、ベルトンが17番手からのスタートとなる。

■フォーミュラE開幕戦予選結果<暫定順位>
1 セバスチャン・ブエミ(ルノーeダムス)
2 ニコラ・プロスト(ルノーeダムス)
3 ニック・ハイドフェルド(マヒンドラ)
4 ルーカス・ディ・グラッシ(ABTシェフラー・アウディ)
5 ジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン)
6 ステファン・サラザン(ベンチュリ)
7 ブルーノ・セナ(マヒンドラ)
8 ロイック・デュバル(ドラゴン)
9 サム・バード(DSヴァージン)
10 ジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)
11 ダニエル・アプト(ABTシェフラー・アウディ)
12 ジャック・ビルヌーブ(ベンチュリ)
13 ロビン・フラインス(アンドレッティ)
14 シモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)
15 オリバー・ターベイ(ネクストEV TCR)
16 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(チームアグリ)
17 ナタナエル・ベルトン(チームアグリ)
18 ネルソン・ピケJr(ネクストEV TCR)

フォーミュラEセカンドシーズン開幕戦決勝は、このあと17時にスタートする。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック