ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

レッドブル、19歳GP2ドライバーを控え選手に

2015年09月28日(月)6:11 am

フランス人GP2ドライバーのピエール・ガスリーがレッドブルの控え選手に抜てきされた。

昨年暮れ、同チームは常駐のリザーブとしてセバスチャン・ブエミを再登用。しかしブエミは、トヨタのスポーツカーとフォーミュラEをかけ持ちで乗る忙しい身だ。

そこでレッドブルは、GP2レースが組まれていない日本GPを含む各グランプリでガスリーに青のユニフォームを着させることにした。彼はレッドブルの若手ドライバー育成プログラムでもっともF1に近い主要メンバーである。

19歳のガスリーは鈴鹿で次のように話す。「そうだね、僕は少なくとも今季終了まで控えドライバーでいるよ。メキシコ、ブラジル、それにGP2を行うサーキット(ソチ)でもチームに帯同する」

「これはいい兆しだ。チーム(レッドブル)は僕の働きに満足しているんだよ」

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック