NEXT...F1開催スケジュール

プロスト「いずれベッテルはF1勝利で歴代2位に」

2015年09月27日(日)6:42 am

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)と並んで4度のF1世界タイトルを誇るアラン・プロスト。彼はF1勝利数2位の肩書も持つが、いずれそれもベッテルにとって代わられると予言する。

先週末のF1第13戦シンガポールGPで優勝したベッテルは、偉大な故アイルトン・セナのF1通算41勝をついに抜いて、42勝で歴代単独3位に浮上した。

次なるターゲットはフランスの英雄プロストの持つ51勝だ。トップにそびえるのはミハエル・シューマッハの91勝である。

ベッテルは、プロストの持つ歴代2位の記録にジリジリと迫っている。

プロストはドイツ『Sport Bild(シュポルト・ビルト)』誌に、次のように話す。「フェラーリに乗ったドイツ人に抜かれるのは、もう慣れたよ」「彼(ベッテル)は間違いなく私を越えるだろう」

「ミハエル(シューマッハ)に抜かれたときは、少し自尊心が傷ついた。表彰台のてっぺんから引きずり下ろされたようなものだからね。でもセバスチャンだったら、喜んで2位を譲る。私は2位でも3位でも気にしない」

プロストといえばセナとの確執は今や伝説だが、実はベッテルの大ファンだ。

「セバスチャンはフェラーリ復活の立役者だ」とプロスト。現在の彼はルノーの親善大使で、同社がロータスを買い取ったらプロストはルノーのチーム首脳として毎戦、ピットウォールに陣取ると見られる。

「彼(ベッテル)があんなに早く彼ら(フェラーリ)を勝てるチームに立て直したのは、誰も予想できなかった事実だ。それよりも、戦力に劣るマシンでも勝てると皆に示したことがより重要だ」

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック