ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

F1カレンダー復帰を狙うトルコ

2015年09月03日(木)7:12 am

イスタンブール・パーク・サーキットの新しい運営者が、将来のF1カレンダー復帰を匂わせている。

トルコの日刊紙『Sozcu(ソジュ)』が今週、伝えたもの。記事によると、インターシティと名乗る企業が10年のリース契約に調印。2011年まで7度F1を開催した同サーキットで中古車販売とレンタカー事業を展開するという。

とはいえインターシティCEOのサディ・ヘズバー氏は、サーキットの中心はあくまでモータースポーツだとドイツ『Speedweek(スピードウィーク)』に、次のように語った。

「レンタル事業は、われわれが行なっている多角的な企業活動のひとつにすぎない」「インターシティ・イスタンブール・パークは今もグレード1のFIA(国際自動車連盟)ライセンスを所有している。したがって、将来のF1レース再開は可能なのだ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック