ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【フォーミュラE】ディ・グラッシが今季2勝目/第8戦決勝結果

2015年05月24日(日)0:02 am

フォーミュラEシリーズの第8戦がベルリンで現地時間23日(土)に開幕。日本時間23時から行われた決勝でルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポーツ・アプト)が優勝を飾った。ディ・グラッシは開幕戦以来のシーズン2勝目。

■【フォーミュラE】第8戦ベルリン・ドイツ結果

レースの舞台となったのは2008年まで使われていたテンペルホーフ空港の跡地を利用した特設コース。17のコーナーで構成された全長2.469kmにおよぶ反時計回りのコースをポールポジションからスタートしたのは、40歳のベテラン元F1ドライバーのヤルノ・トゥルーリ(トゥルーリ)だ。しかし、トゥルーリはスタート直後に他車と接触したスキをつかれ、ルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポーツ・アプト)に追い抜きを許してしまう。

序盤は、2010年にヴァージンからF1に出走していたディ・グラッシがリードを広げ、トゥルーリ以下が大きな集団を形成する形となる。6周目にセバスチャン・ブエミ(eダムス・ルノー)がトゥルーリをかわして2番手に上がると、リズムを崩したトゥルーリは一気に後続にも抜かれて6番手に後退。その後も徐々に順位を落とす。

33周で争われるレースが17周目を迎えるとフォーミュラE独特のルールであるクルマの乗り換えのために各ドライバーがピットインを開始する。ピット後、ディ・グラッシの首位は変わらなかったが、2番手にジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン・レーシング)が上がり、ブエミは3番手に下がる。

後半は、開幕戦の勝者であり、現在ポイントリーダーの位置にあるディ・グラッシは後続に10秒以上の差をつけながら順調にレースを引っ張る。結局そのままディ・グラッシが先頭でチェッカーを受け、開幕戦以来の2勝目をあげるとともにフォーミュラE初代チャンピオンに一歩近づいた。

元F1ドライバーの鈴木亜久里率いる日本チームであるアムリン・アグリは、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタが12位、サルバドール・デュランは18位でフィニッシュしている。今季初めてポールポジションからスタートしたトゥルーリだったが、結局レースでは最下位に終わるという厳しい結末を迎えた。

■フォーミュラE第7戦決勝結果【トップ10/暫定】
1 ルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポーツ・アプト)
2 ジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン・レーシング)
3 セバスチャン・ブエミ(eダムス・ルノー)
4 ロイック・デュバル(ドラゴン・レーシング)
5 ネルソン・ピケJr(ネクストEV TCR)
6 ニック・ハイドフェルド(ベンチュリ)
7 ステファン・サラザン(ベンチュリ)
8 ジャン-エリック・ベルニュ(アンドレッティ・フォーミュラE)
9 サム・バード(ヴァージン・レーシング)
10 ビタントニオ・リウッツィ(トゥルーリ)
■【フォーミュラE】第8戦ベルリン・ドイツ結果の全リザルト

フォーミュラE第9戦は、6月6日(土)にモスクワで開催される。

■【フォーミュラE】第9戦モスクワ大会日程はこちら

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック