ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ヴァン・デル・ガルデ対ザウバー、賠償金でケリ

2015年03月18日(水)6:12 am

17日(火)のオランダの報道によると、ギド・ヴァン・デル・ガルデとザウバーの交渉にバーニー・エクレストンが介入、両者の和解に一役買った。

オランダの朝刊紙『De Volkskrant(デ・フォルクスクラント)』は、ヴァン・デル・ガルデは賠償金として1,500万ユーロ(約19億3,000万円)を受け取ると伝えた。また他の報道では、金はさっそくクレディ・スイス銀行の口座から払われるという。

さらに『Algemeen Dagblad(アルヘメン・ダグブラッド)』紙によれば、ヴァン・デル・ガルデのマネージャー、ヤン・ポール・テン・フーペンが今週中に声明を出す模様だ。

賠償金の金額は、ザウバーとの契約期間(2014年と15年)ならびに法定費用等を元に算出されたもの。ヴァン・デル・ガルデが金を受け取った時点で、自動的にすべての訴えが取り下げられる。

メルボルンの裁判所やF1パドックから散々ネガティブな報道が発信された先週末、緊急に行われた両者の交渉には、F1 CEOエクレストンがロンドンのオフィスから加わった。

『Algemeen Dagblad(アルヘメン・ダグブラッド)』によるとエクレストンは、ヴァン・デル・ガルデに金銭的な援助を行い、義理の父親でもある富豪のマルセル・ボークホーンに直々にコンタクトをとった。

うわさでは、この和解によってボークホーンにザウバー株の一部が渡る模様だ。

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック