ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ヴァン・デル・ガルデ、第2戦マレーシアGPから出場へ

2015年03月13日(金)15:06 pm

民事訴訟でザウバーのシートを勝ち取ったギド・ヴァン・デル・ガルデは、13日(金)午前早くにアルバート・パーク入り、そのままザウバーのガレージに向かった。

それより前、彼の弁護団は、判決に従わないザウバーについてメルボルンの裁判所に法廷侮辱罪を申し立てていた。その結果ザウバーは、メルボルンに持ち込んだチーム資産のリストを提出するよう裁判所の命令を受けている。

訴訟でヴァン・デル・ガルデ側は、同選手の2015年F1開幕戦出場に向けてチームに何ら行動が見られないと主張。これまでのところ、すべてに勝訴している。

「今まで運転させたこともない新車C34フェラーリをヴァン・デル・ガルデ氏に託すのは現実的ではない」とするザウバーの主張は通らなかった。

とにかく、このまま裁判所の命令を無視すればザウバーの2015年型車はオーストラリア当局に差し押さえられてしまう。

そこでチームは金曜日のフリー走行直前、ヴァン・デル・ガルデにパドックパスを支給。マーカス・エリクソンのレーシングスーツを着せ、ゼッケン9番のエリクソン車でシート合わせを行なったわけだ。

ところが、ヴァン・デル・ガルデはメルボルンを走りそうにない。レース出場に必要なスーパーライセンスが発給されていないからだ。

情報筋によると、ヴァン・デル・ガルデのシーズン緒戦は、2週間後の第2戦マレーシアGP(3/27-29)になる予定だ。

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック