ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

2017年のGP復活を目指すインド

2014年11月12日(水)18:39 pm

今年F1カレンダーからはずれたインドGPだが、少なくとも2017年までは再びグランプリが開催されることはなさそうだ。

ニューデリー近郊に建設されたブッダ・インターナショナル・サーキットで2011年から2013年まで3年連続で開催されたインドGPだが、主催者側の財政問題や複雑なインド税法上の問題、そしてお役所仕事的なインド政府の対応などにより、今年はF1カレンダーからはずれることとなってしまった。

そのインドGPの主催者であるジェイピーのアスカリ・ゼディ上級副社長が、このほど『New Indian Express(ニュー・インディアン・エクスプレス)』に対し次のように語った。

「交渉は継続されているが、取り組まなくてはならない特定の税金問題がある」

「だから、まだ何も決まっていないし、我々はできることはすべて行っている」

ゼディは、すでに20レースが組み込まれた2015年のF1カレンダーにインドが含まれる余地がないことは認めた上で、「2016年に関しては何も聞いていないが、我々としては2017年までにはレースを開催するために全力を尽くしている」と続けた。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック