NEXT...F1開催スケジュール

チームにとって重荷?アロンソのウィリアムズ入り

2014年11月08日(土)6:59 am

ウィリアムズは、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)ほどの大物を迎え入れる用意がまだ整っていない。

以上のように話すのは、同チームのテクニカルディレクター、パット・シモンズだ。彼の技術的手腕により、今季のウィリアムズはF1コンストラクターズ世界選手権で3番手につけるほど進化した。

フェラーリとの関係が悪化したと思われるアロンソは、どうやら、次の一手に2016年メルセデスAMG入りを考えている。その第一歩として、メルセデス・エンジンを使用するウィリアムズ入りが浮上したのだ。

しかし、彼らはすでにバルテリ・ボッタスとフェリペ・マッサの残留を発表している。

アロンソと旧ルノー(現ロータス)時代に仕事をしたことがある、シモンズ。しかし、まだウィリアムズは、アロンソほどのドライバーの受け入れを考えるべきではないという。

「勝てるチーム作りは、途上の段階だからね」と、シモンズは、ドイツ『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』に語る。

「今も改善すべきところがいくつかある」

「私が見るところ、フェルナンド(アロンソ)はF1最高のドライバーだ」と、シモンズ。「そんな彼には、自分としっかり渡り合えるチームが必要だ」

「チームに対するアロンソの期待は、ウィリアムズにプレッシャーとなってのしかかるだろう。それがチームの雰囲気を悪くし、せっかくの進歩を阻む結果になる」と、シモンズは分析する。

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック