ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

アロンソ 来季の所属チームはメルセデスエンジンではない

2014年10月13日(月)7:11 am

ソチ・アウトドローモで行われたロシアGPの後に、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が自身の就去について大きなヒントとなる発言をした。

ここ数日、アロンソがルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)の替わりにメルセデスAMGに加わる、と言う衝撃的なうわさが囁かれていた。

メルセデスAMGのマネージングディレクター、トト・ヴォルフはこのうわさを「全てデタラメだ」と一蹴している。

「来季のドライバーラインナップは既に(ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグで)決定しているんだ」

「ただ、選手権が佳境にさしかかっているこのタイミングでの(ハミルトンとの2015年以降の)契約交渉を避けているだけなんだが、それがうわさの元だろうね」

「シーズン終了後に契約更新しよう、とすでに合意済みだよ」

アロンソがマクラーレン・ホンダと2015年について交渉していることは間違いないが、マクラーレン側が「複数年契約+減俸」を要求しているというのがもっぱらのうわさだ。

このうわさがさらにうわさを呼び、アロンソが上位チームを諦めてウィリアムズやロータスなどのメルセデスパワーユニットを搭載する中堅チームに1年間だけ所属するのではないか、とまで言われている。

しかし、アロンソは次の所属チームはメルセデス搭載ではない、とアメリカのテレビ局『NBC』に明かしている。

そう話した数分前には、イギリスのテレビ局『Sky(スカイ)』に次のようにコメントしている。

「僕の将来はもう決まっているよ、というか自分の中では数ヶ月前からきまっていたんだけどね」

「今は仕上げに掛かっている段階なんだ、だからもう少し我慢して欲しい、もう少し待ってもらわなくちゃいけないんだ。うまく進んでいるけど、全てが確定するまでは何も言えないからね」

「僕は自分とフェラーリの将来の為にベストを尽くすよ、このチームを愛しているんだ

「最終的に僕がどうするか知ったら、皆はきっと『当然の決定だったね』と言うと思うよ」

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック