Apple「Apple Watch(アップルウォッチ)」発表 起爆剤となるか

2014年09月10日(水)

米Appleは9月9日(現地時間)、カリフォルニア州クパチーノで開催された新製品発表会の中で、市場の期待が高まっていた腕時計型のウェアラブル端末「Apple Watch(アップルウォッチ)」を発表した。発売は2015年初頭、販売価格は349ドルからとなっている。

■アップルウォッチ概要
・「Apple Watch」、「Apple Watch SPORT」、「Apple Watch EDITION」の3種用意。
・文字盤(ベルト以外)素材は、ステンレス、アルミニウム、18金で作られている。
・サファイアガラスのタッチディスプレイ(Ratina)採用。
・iPhone5、5c、5s、6、6Plusが必要。
・iPhoneのGPSとWiFiを使用して距離を追跡。
・横のクラウン(りゅうず=ネジ部分)を回す、押すというシンプルな操作。
・手首の細い女性でもつけられるよう、普通の時計のように、大きさが大と小がある。
・価格は349ドルから。2015年初頭発売。

■ファッション性
・多種類の素材(プラスチック、革、金属)や色のベルトに交換でき、ファッション性も高く、カジュアルにもフォーマルにも対応できそうだ。
・外装は、シルバー、ゴールド、ブラックなど。

■iPhoneと連携
・Siri(シリ)搭載。
・横のクラウンを回すと写真の拡大ができる。
・ナビ付きの地図。
・メールの通知も受け取れる。
・文字盤に指で絵を描いて送信できる。

■フィットネス
・ワークアウトアプリ(Workout app)は、リアルタイムにカロリー、時間、距離、ペースなどの統計を表示。
・iPhone上のフィットネスアプリ(Fitness app )では詳細データを表示。
・アクティビティアプリ(Activity app)は、3つの側面で測定し、3つの輪で「動き」「エクササイズ」「立っている状態」を表示。
・文字盤背面にある赤外線とLEDライト、光センサーで心拍を計測。

◇ニュース検索ワード -

ビジネスニュース一覧 rss

TopNews.JPのSNS