ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ペイドライバーの過酷な現実

2014年06月19日(木)7:27 am

F1直下のフォーミュラカーシリーズ、GP2で昨年王者となった25歳のスイス人ドライバー、ファビオ・ライマーが岐路に立たされている。

今季こそレースシートを逃したものの、スイス『Tages-Anzeiger(ターゲス・アンツァイガー)』によると有力なオファーが目の前にぶら下がっているという。

即時効力を持つテストならびに控えドライバーの契約をマルシャがライマーに提示したのだ。

「今すぐにでもマルシャのテストドライバーとしてF1に乗り込めそうだ」と、彼のマネージャー、スベン・オリバー・マンゴールドはいう。

「しかも来年は正規シートまで約束されている」と、マンゴールド。

ただこれには、「8ケタ台前半」というから数千万ドルものスポンサー金持参の付帯条件がライマーについてくる。

この点がライマーには引っかかるのだ。これまで彼には資金面で後ろだてがあった。裕福なライナー・ガンテンバインの存在だ。ガンテンバインは長年に渡って若手ドライバーのライマーに総額1500万ユーロ(約207億円)を投じてきた。

ところが数ヶ月前ガンテンバインは、F1の夢のために金を「これ以上ムダにしたくない」と表明。理由は持参金ドライバーの「病んだ」制度である。

「まるで底なし沼だ」とガンテンバインはいう。「どこかで終止符を打たなくては」

他のチャンスまで手からすり抜けそうな状況にライマーのマネージャー、マンゴールドは、必要な資金をかき集めるため、ほん走している。

「大手のスイス系企業」との交渉は不発に終わったと、ガンテンバインは次のように話す。

「返ってくる答えはいつも同じだ。われわれが支援するのはチームだけで、個人のスポーツ選手は対象外だとね」

そんな中、残された時間はどんどん減っている。

「マルシャは、シルバーストーンのテスト(にライマーが参加し)、さらに次のレースを目指したらどうかといってきている」と、マンゴールド。7月中旬に行われるF1第10戦ドイツGPのことだろうか。

だがもし締切が過ぎてしまったら?「代案としてフォーミュラEがありそうだ」とマンゴールドは語る。電動フォーミュラカーによるFIA(国際自動車連盟)の新たなシリーズを巡っては、多くの有名ドライバーがキャリア再構築を図っているとの報道もある。

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック