【教育】「たくましく生きる力」の育み方とは ~レジリエンス~

2014年04月17日(木)

新学期も始まり、新しい環境になったり、新しい事を始めたりする方も多いのではないでしょうか?
そこで、今日はどんなに大変で困難な状況においても、「たくましく生きる力」についてお話したいと思います。

ハーバード大学でも人気講座となったポジティブ心理学が、日本でもようやく注目されてきました。たくましく生きる力の事を、レジリエンス(逆境力)と呼んでいます。

レジリエンスとは、「困難な状況においても素早く回復する力」の事です。

これは、天災や離別など誰から見ても「大変だ・・・」と言われる状況にのみ使われる力ではなく、日常のちょっと困った、ちょっと大変、な状況に発揮することができるのです。特に環境の変化や物事が停滞している時には威力を発揮します。

嬉しい事に、この力は、何歳からでも身につける事が出来ます。子どもでも、大人でも身につけられるのです。
そして、ワクチンのように鬱病への予防接種とも言われています。

世界の教育機関ではすでに子ども向けに教育プログラムとして導入されています。
そして日本でもやっと取り組みがスタートし、NHKでも以下の日時でご覧頂けます。
4月17日(木)午後7:30放送 NHK クローズアップ現代

このレジリエンスを、トレーニングして習得できるプログラムが日本でも以下で開催されています。
一般社団法人日本ポジティブ教育協会
BeGene Academy(ビジーン・アカデミー)

ポジティブ教育協会では、ポジティブ心理学を教育に用いたプログラムを提供しており、レジリエンス教育やウェルビーイング教育について学ぶ事ができます。
BeGene Academyは、ポジティブ教育協会の共同代表理事が、ポジティブ教育やレジリエンス教育を英会話学習に取り入れたオリジナルプログラムの作成や講師育成、またグローバル人材育成にレジリエンス教育を活用した研修、グローバル・レジリエンス・トレーニング(GRT)を実施。4月から始まった英会話サプリ(リクルート社)にも導入され、ポジティブ教育はますます注目されています。グローバル化で必須となる英会話を学ぶ事は、失敗の連続ですし、停滞期もありますが、そんな時に諦めずに前を向き続ける力があれば、上達しそうですね。

今の目まぐるしい変化の時代には、会社も個人も「たくましく生きる力」が求められており、このレジリエンスを身につけているか否かで、未来が変わるのかもしれません。

◇ニュース検索ワード - | | |

ビジネスニュース一覧 rss

TopNews.JPのSNS