ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【動画】au×デアゴスティーニ、10年で完成する「週刊スマホを作る」創刊

2014年04月01日(火)18:16 pm

KDDI株式会社は、株式会社デアゴスティーニ・ジャパンとコラボレーションし、2014年4月1日、週刊「スマホを作る」を創刊すると発表した。10年かけて完成するという。

KDDIによると、世界初、読者が自作スマホを作る画期的なシリーズになっているようだ。

スマートフォンを作るのに必要な部品がひとつずつ読者の手元に届き、10年(全520号)というデアゴスティーニでも過去最長期間で完成を目指す圧倒的スケールの特別シリーズ。

トレンドの移り変わりが激しい携帯業界において、「10年後のスマホなんて変わっているのでは?」と思ってしまう消費者にも十分配慮しているようで、「もちろん、完成品は10年後も色褪せることのない最新型スマートフォンとなっております」とプレスリリースでも自信満々だ。

気になる記念すべき創刊号のパーツは、スマホになくては始まらない「ホームボタン」。まさに「家」のマークが印字されており、10年後老眼になっても押し間違えることはなさそうだ。突起はなさそうなので、印字が消えたらただのボタンだ。

また、冊子では毎号、スマートフォンの歴史や素晴らしいスペックやこだわりなどを余すことなく盛り込んでいるという。ちなみに次号のパーツは「ネジ3個」。スマホ制作と冊子の両方を楽しみながら、スマホへの理解を深められる内容とのことだが、10年間「ホームボタン」と「ネジ3個」を紛失しないように注意したい。

MNP(番号移行制度)が適用されるか否かについては触れられていないが、完成が10年後とあって、乗り換える前に十分検討した方が良さそうだ。今、焦ってMNP手続をすると10年間は電話が繋がらない可能性が高い。次あなたの電波が繋がるのは2020年の東京オリンピックより先の2024年だ。10年間携帯を持ちたくなかった!というニーズに応える究極のおもてなし商品と言えるだろう。

気になる製品スペックは、超厚型、超重量級となっており、10年間の重みを感じることができるようだ。

電池の持ち時間は超短時間の約40分、連続通話時間も2分40秒、充電時間は長時間の8時間ということから、現実的には1日1回のみ使用可能、本当に重要な電話以外はしなくてすみそうだ。

メールは、ツイッターの140文字より1文字少ない139文字という先進的な文字数に設定。ツイッターやLINE、Facebookに飽きた人にはちょうどいい長さなのかもしれない。

電話帳は20件のみなので、主に家族や友人のみに限定した用途を希望している方をターゲットにしているのは間違いない。
また機能もスペックも限定されたスマホのため、法人利用でも、電話を受けたくない営業マンを中心に注文が殺到しそうだ。法人個人ともに、まだガラケーを使っている人が乗り換えたくなるスマホだろう。

注目のカメラも、10年後には化石と言えるくらい貴重な32万画素CMOSを手に入れることができる。

着メロは、昔を懐かしみたい人にピッタリの16和音。10年後、高機能スマホしか知らない世代の間でも流行りそうだ。

先行購読者はなんと8年前から作っているそうで、「現在、428号まで購読しているのですが、6畳の私の家では雑誌を収納するスペースがもうありません。というか、雑誌が多過ぎて家にすら入れないので、今は公園で寝泊まりしています。最近は暖かくなってきたので助かりますね」という声や、「最新型のスマホが自分の手で組み立てられると聞いて、持っていたケータイを即解約しました! 完成するのは10年後ということで、10年間ケータイなしですが全然大丈夫です! 誰とも繋がらずに生きていきます!」という喜びの声もある。

注目の料金プランは発表されていないが、スペックからしてパケット定額や話し放題のプランは必要なさそうなので、毎月格安で最新スマホを持つことができそうだ。

【製品ポイント】
1) 10年後 夢のお宝自作スマホが手に入る!
10年かけて、全520号分のパーツをコツコツ組み立てると、時代を先取る最新スマホが手に入ります。

2) 創刊号には「ホームボタン」がついてくる!
創刊号は「ホームボタン」がついて790円!創刊号だけでは組み立てるものは特にないので、ホームボタンを延々と磨いておきましょう。

3) 驚愕の最先端機能を搭載!?
誰もが憧れる最先端のスペックを搭載。

【商品概要】
タイトル:週刊『スマホを作る』
価格(税込):創刊号特別価格790 円、2 号以降通常価格1,980 円
創刊日:2014 年4 月1 日(火)
刊行形態:毎週火曜日発売(一部地域を除く)
刊行号数:全520号完結
判型:判型 A4 変型判 オールカラー

【週刊「スマホを作る」創刊号 特集内容】
特集1:週刊「スマホを作る」はここがすごい!
特集2:完成品は未来のスマートフォン!誰もが憧れる最新スペック
特集3:先行購入者の声 こんな人たちが作り始めてます!

【 製品概要 】
機種名 : auDeA2024
サイズ(幅×高さ×厚さ) : 90mm × 135mm × 30mm
重量 : 約1.2kg
連続待受時間 : 約40分
連続通話時間 : 約2分40秒
充電時間 : 約8時間
電源 : メガネ型ACアダプタ対応
最大メール送信文字数 : 全角139文字
メモリダイヤル : 20件
着信メロディ和音数 : 16和音
カメラ : 32万画素 CMOSカメラ

【デアゴスティーニ・ジャパンからのコメント】
今回の「スマホを作る」シリーズは、今まで行ってきた企画のなかで最長のシリーズになります。今や生活になくてはならないものになっているスマートフォン。多くの人が日常生活の中で常に一緒にいるスマートフォンに対して、「もっと愛着を持ってもらいたい。」「一生モノを手にしてほしい。」という願いから、満を持して「週刊スマホを作る」の発行を決断しました。発行に至るまでにKDDIとは何度も議論を交わしました。今回は完成までに10年間かかりますが、完成品はKDDIの技術を結集した、時代を先取る『最新』スマートフォンとなっております。10年に及ぶ大作を、ぜひご堪能ください。

【週刊『スマホを作る』特設サイト】

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック